• 16/06/07
  • トリップ
  • 759views

Yokito

スペイン語を使って世界を周りたい!実は英語よりスペイン語の方が、とっても簡単で使い勝手がいいってホント?

私が初めてスペイン語を勉強したのは、大学入学後。文学部であった関係で、英語以外に、第二選択言語が必須で、ビジネス的な事を考えて中国語が学生には一番人気でしたが、私が選択したのはスペイン語でした。なぜかというと、スペイン語を話す国が世界で最も多いからです!”旅行に沢山行くぞ?”と決めていた大学生活の中で、私にはスペイン語が最も魅力的に思えたのです。

実際、私は現在スペイン在住ですが、スペイン語は日本人にとって発音し易く、すぐに使える便利な言語だなと日々感じています。
そこで今回は、スペインや南米に旅行に行った際に、覚えておくと役に立つスペイン語フレーズをご紹介したいと思います!
トイレイメージ

Photo via VisualHunt

まずは”トイレはどこですか?”から参りましょう。
?Donde esta el bano?
(ドンデ・エスタ・エル・バニョ?)
これは、どこでも必須ですね。ドンデ・エスタ・〇〇?最後の部分を変えることで、〇〇はどこですか?という文になりますので、大変便利な一文。観光に行きたい場所の近くで迷ってしまった際なども、例えば
?Donde esta la oficina de turismo?
(ドンデ ・エスタ ・ラ ・オフィシニスタ・ デ ・トゥリスモ)
“観光案内所はどこですか?”という文に簡単に変えることができます。
Wi-Fi

Photo credit: zone41 via Visualhunt.com / CC BY-ND

また海外旅行に行った際は、Wi-Fi使用は必須ですよね。そんな時に覚えておきたいのが、レストラン、カフェ、ホテルでのWi-Fiのパスワードの聞き方。
La clave de Wi-Fi, por favor.
(ラ・クラベ・デ・ウィフィ,ポル・ファボール)
“ワイファイのパスワードを下さい。”という意味です。”Por favor”は、皆さん聞いたことがある言葉だと思いますが、いわゆる英語でいうとPleaseにあたる便利なワード。
El menu, por favor.
(エル・メヌ・ポル・ファボール)で
“メニューを下さい”という文に早変わり。スペイン語圏の必須ワードです。
緊急事態

Photo via Visual Hunt

また緊急事態に遭遇した時は、とにかくこう叫びましょう!
!Ayudame!
(アジュダメ!)
“助けて!”という意味になります。そのような事態にならないことが一番ですが、万が一に備えて覚えておくと役に立つかもしれません。

あと、旅行で最もよく使うのは、こちらではないでしょうか?
?Cuanto cuesta?
(クアント・クエスタ?)
“いくらですか?”という文。ショッピングなどに行った際は、必ず知っておきたい一文ですよね!

スペインではハッキリと発音することが大切で、それだけでしっかり伝わるのが大きなメリット。アルファベットをローマ字読みするだけなので、日本人にはとても発音し易い言語です。
スペイン語を使って、素敵な良い旅を♪
!Buen viaje!(ブエン・ビアッヘ)
“良い旅を!”

Yokito
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。