• 16/06/11
  • トリップ
  • 101views

Yokito

えっ?何語?!スペインだけど、スペイン語じゃない!!カタランって、一体何?!

バルセロナ

Photo credit: tiseb via VisualHunt.com / CC BY

バルセロナを訪れたことがある方なら、旅行中に一度は見たであろうカタルーニャ王国の国旗。実はスペインの中でも、カタルーニャ州は、カタルーニャ語を話す独特の地域であることを、ご存知でしたか?バルセロナにある看板の文字をスペイン語だと思って調べてみても…え?出てこない?!そんな馬鹿な!?

カタルーニャ

Photo via VisualHunt.com

そうなんです、元々このカタルーニャ州は、中世ではアラゴン=カタルーニャ連合王国として大変栄えていた国で、地中海を制覇する程の力を持っていたのです。しかし後にスペイン王国の勢力拡大によって、スペイン国内に吸収されてしまいました。最近はニュースでも取り上げられているようにカタルーニャ州は、2010年以降活発に、スペインからの独立運動が再始動されています。

カタルーニャ州の人々は、カタルーニャ王国としてのポリシーを根強く持っており、”カタラン”という独特の言語を今も日常的に使用しています。
このカタラン、日本の標準語と大阪弁位の違いだと思ったら大間違い!!スペイン人でさえ分からないのだから、驚きですよね!
例えば、スペイン語のAdios”アディオス!)(=さよなら)は、カタランではAdeu”アデュー”というように、少しフランス語のようなニュアンスを含んでいます。これはもはや訛りの世界ではなく、別の言語!同じ国なのに面白い!

サッカー観戦

Photo via Visual Hunt

またカタルーニャ州は皆さんご存知、バルセロナを代表とする観光地として莫大な収益を得ており、独立しても十分にやっていけるだけの財力がありますが、だからこそスペイン国としてはカタルーニャを独立させるのを渋っているというような状態が現在も続いています。他の国にも色んな事情があるんですね…。
もしカタルーニャ州に旅行される機会があれば、是非ともカタランを少し勉強していって、現地の人に話しかけてみましょう!きっと喜ばれますよ!

Yokito
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。