• 16/06/11
  • トリップ
  • 726views

トリドリ編集部

涙が出るほど感動しちゃう!?言葉も出ず思わずうっとり!?雨の日でも楽しめる名古屋市科学館の「プラネタリウム」

もうすぐやってくる梅雨。雨の日はなんだか気分も憂鬱になったり、家に引きこもりがち。でもちょっと待ってください!どんよりとした雨の日でも楽しめちゃう、とっておきの場所があるんです♪

星空

Photo credit: Kuruman via Visual Hunt / CC BY

そこは、頭上に満点の星空が広がるプラネタリウム。愛知県の名古屋駅から地下鉄で1駅、伏見駅を降りて5分ほど歩くでしょうか。白川公園内の「名古屋市科学館」にあるプラネタリウムは、ドームの内径はなんと35mという、中部だけでなく、日本だけでなく、なんと世界最大級なんです!

限りなく本物の星空を見ているように感じてもらうために手の込まれた工夫が随所に見られます。ゆがみのない丸い球体を作り上げるために、約700枚ものパネルをつなぎ目がわからないように合わせられているドーム。星空は、ドーム全体に自然に近い小さな星を投影する光学式プラネタリウムと、コンピューターで計算された星空を投影するデジタル式プラネタリウムがあるだけでなく、沢山の映像システムも整っています。機器は最新のものが使用されていますが、学芸員さんが生解説をしてくれる・・・とうスタイルは昔から変わらず今も続けられているようで、生の声を聞きながら星空をじっくり見ることが出来るなんて素敵ですね!

さすがにこれだけの設備の整ったプラネタリウムは、週末ともなれば大混雑!なので、事前に席を予約するのをオススメします。名古屋市科学館のHPにある「名古屋市電子申請サービス」から予約が出来ます。(予約を行わない日にちや回もあるので注意)全席指定席でリクライニングシート。シートに体をあずけながら、ゆったり星空の世界を楽しんでみてください。プラネタリウムを鑑賞し終わった後、みなさんは最初にどんな言葉を発するでしょうか♪

名古屋市科学館
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/