• 16/06/15
  • トリップ
  • 500views

nina

【ネコ】島民約15人、猫100匹以上の島!?瀬戸内海に浮かぶ「青島」には人懐っこい猫がたくさん!

青島の猫達

愛媛県大須市にある青島は、島のどこを歩いても猫に出会える「猫の島」。
島民約15人に対して100匹以上の猫が暮らしており、島の風景はほとんど猫の姿で埋め尽くされています!
青島の風景をおさめた写真集が出版されてから今もなお人気が続く観光スポットとなっています。

 

青島は瀬戸内海に浮かぶ小さな離島。1日往復2便のみの定期旅客船が唯一の交通手段です。


船を降りた瞬間から観光客を待ちわびているたくさんの猫を目にすることができます。
島の猫達はとても人に慣れており、カメラを出そうとカバンを探ると「何かくれるの?」と飛びついてくる子も。


猫じゃらしにも興味津々!とっても好奇心旺盛な猫達に出会うことができます。


歩き出すと後ろには猫の行列が…。こんな景色も青島ならではですね。


とにかく右を見ても左を見ても猫だらけ。
寝そべってのんびりしている猫、観光客の周りをウロウロしてものをねだる子、フンフンと臭いを嗅いでくる子と猫達の性格はさまざま。

そんな可愛い猫達がたくさん暮らす青島ですが、観光客に対して禁止事項やマナーを守って猫と触れ合ってほしいという願いもあるようです。
まず猫への自由なエサやりは禁止されており、専用のエサやり場にごく少量を置いてあげることが望まれています。
ゴミのポイ捨てをしない、騒ぎ過ぎて島の人々の生活を邪魔しない、というのも大切なマナー。
エサを食べ過ぎて体調を壊してしまう猫を増やさないよう、島の人々が心静かに暮らせるよう、こうした配慮を忘れないようにしたいですね。
青島の風景をおさめた写真集では「そこは本当に猫の楽園なのか?」という問題提起もなされています。
猫と人との共存を考え、猫を取り巻く環境がより良いものになるように私達もしっかりと考えていきたいですね。

青島は、島旅で日常を忘れたい方、旅先でたくさんの猫に癒されたいという方にはぴったりの場所!
ルールとマナーを守り、猫と楽しく触れ合う時間を過ごして下さいね♪

nina
nina
こんにちは。ネコ記事ライターのninaと申します。旅行が趣味で、休日は全国の猫町や猫島を旅しています。これから日本や海外の猫スポットをたくさん訪れ、みなさんに素敵な記事をお届けできたらいいなと思っています!