• 16/06/16
  • トリップ
  • 285views

トリドリ編集部

ここでも見られる!石川県の「のとじま水族館」のジンベエザメがすごかった!!

ジンベエザメといえば美ら海水族館と思っていたので、こんなところでお目にかかるとは思っていませんでした。日本海側ではここだけ!のとじま水族館です。 石川県は和倉温泉で有名な七尾市にある水族館。金沢からは車で2時間の場所にあります。

水槽

入ってすぐにドーンと大きな水槽が!

しかも上から見下ろす状態なので、真っ先に地面が見えていました。一瞬水槽なのかなんなのか戸惑うほど、まるで空の上のようで不思議な気分になります。

ジンベエザメ

スロープを下っていくと徐々にお魚が目線の高さまでくる構造で、一番下まで下がると魚を見上げる大きなパノラマに行き着きます。 下る間、ジンベエザメが並走するタイミングもあって、感動しました。

ジンベエザメと網

この大水槽には名物のジンベエザメ、オトベエ・モモベエが優雅に泳いでいます。上から横から下からジンベイザメを楽しめるスポット。私は初だったので印象深かったです。 (大きな魚が泳ぐ中、水族館の人が床掃除しているという思いがけない光景)

この他にも、カワウソとアザラシの展示が個人的にはおすすめ。

アザラシ万華鏡

カワウソもアザラシも同じ「海の自然生物館」に展示されているのですが、出入り口すぐのところに横から上にかけて通路が組んであり、元気に動きまわる姿が見られます。 カワウソ君たちの動きをこんなにはっきり見られたのは、初めてなんじゃないかしら。

「アザラシ万華鏡」は筒状の通り道を作って、こちらも個体の動きを活かした展示をされていますが、やはり見やすい。 なぜなら、アザラシ専用でなく同じ空間に巨大水槽(ジンベエザメのではない)とカワウソ水槽があるので、お客さんがひとつに集中せずしかも回転が早いからなのではと思っています。

イワシ水槽

結論、ここ穴場です! 最後に書き置くとすれば、ウミガメがやたらたくさんいたのと、 敷地内にあるおレトロな喫茶店のランチがおいしかったこと。 みなさまも、ぜひ!

■のとじま水族館
〒926-0216 石川県七尾市能登島曲町15部40
TEL:0767-84-1271(代)
http://www.notoaqua.jp