• 16/06/16
  • トリップ
  • 447views

南まい

キティラー必見!全てがキティの台湾行きエバー航空『ハローキティジェット』が凄すぎると話題に。

ハローキティージェット

日本生まれのキャラクラー「ハローキティ」は世界的にも人気ですが、日本人よりキティを愛してしまった国が台湾です。街にはキティカフェがあり、キティタクシーが走り、空港にはキティ免税店やキティのプレイルームまで、とにかく台湾でキティを見かけない日はないほどのキティラー大国なのです。そんな台湾の航空会社エバー航空が就航している『ハローキティジェット』は、飛行機全体がキティのオンパレード!好きな人にはたまらない、そうでない方にはちょっとウザイ(?!)ほどのキティ尽くしで話題になっています。

 

ハローキティージェット

まず飛行機に乗り込んだら、各座席に置かれている枕と後頭部の布がすべてキティ。いきなり何百匹というキティに見つめられます。

 

ハローキティージェット

座席ではモニターのキティ映像が私たちをお出迎え、前ポケットに入っている非常時の「安全書き」もエチケット袋もキティデザインです。

 

ハローキティージェット

トイレに行ってみると、ハンドソープやフェイシャルミスト、ローションボトルもキティ、トイレットペーパーもピンクのキティ柄で、様々な方向から見つめられながら用を足すことができます。

 

機内食

でも何といっても凄いのはやはりキティ尽くしの「ハローキティ機内食」です。お子様ランチのように可愛らしい見た目のプレートには、お箸、コップ、トレイの紙、おしぼりだけでなく、黄色とピンクの2色そばのかまぼこもキティ。そしてウインナーをよく見ると、なんと柄がキティ!日本語で「やったね!バッチリ!」と、文字まで書かれている凝りようです。

 

機内食

おしぼりと一緒に入っていた歯間ブラシ入れや、スプーン、フォーク、ナイフもこんなに可愛い!お持ち帰りもOKです。

 

機内食

最後にコーヒーを頼んだら、お砂糖のみならずマドラーまでピンクで、キティのリボンが付いていました。ちなみに、キャビンアテンダントさんのエプロンにも大きくキティが描かれ、キティちゃんエコバックのようなものを常に持ち歩いています。さらに降機後に自分の荷物を受け取ると、荷物タグがこれまたキティ!ここまでのこだわりにはもはや感動を覚えます。
現在ハローキティジェットは台湾と北海道、福岡、成田など様々な路線に就航しています。キティ好きの方なら、思い出に残る至福のキティタイムが過ごせますよ。

南まい
南まい
510日間100ヶ所以上の世界遺産を周って世界一周しました! 女ひとり旅本「独女世界放浪記」(ポプラ社)を出版後、 NHK BS1「エルムンド」海外レポーターとして約70日間の世界二周目も達成! 現在は添乗員として月の半分以上を海外で過ごしています。訪問国数80カ国以上。