• 16/06/17
  • トリップ
  • 445views

nina

【ネコ】可愛い観光大使がお出迎え!嘉例川駅で暮らすアイドル猫「にゃん太郎」に会いに行こう♪

嘉例川駅

鹿児島県内で最も古い木造駅舎、嘉例川駅に住む猫「にゃん太郎」をご存知でしょうか?
2015年11月頃から嘉例川駅に住みつくようになり、その愛らしい見た目と人懐っこい性格で利用客の心を癒していました。
そうした人気の高さもあって、今年の5月、正式に嘉例川の観光大使に任命されたんです!

こちらがそのにゃん太郎。
鼻周りが黒く透き通った青い瞳を持っているのが特徴です。
たぬきに似ていることから、嘉例川地区活性化推進委員会から「たぬき猫 にゃん太郎」と名付けられました。

観光大使のタスキを肩に掛ける姿は誇らしげ!
就任のお祝いとして「にゃん太郎の家」と書かれたハウスやキャットフードが贈呈されたそうです♪

嘉例川駅 駅長 にゃん太郎 #嘉例川駅長 #にゃん太郎 #たぬき猫 #嘉例川駅 #嘉例川観光大使

Ken matsuさん(@enohaken)が投稿した写真 –

観光大使に任命する旨はしっかり猫語で書かれています!
地域の人々が温かくにゃん太郎を見守り、可愛がっているのが分かりますね。

にゃん太郎駅長、爆睡中💤 #嘉例川駅#にゃん太郎#猫駅長#嘉例川観光大使

いしばし ともこさん(@yama_sunsun)が投稿した写真 –

人のそばでくつろぐ姿は見ているだけでも温かい気持ちになりますよ。
利用客の足元にじゃれついたり膝にのったりすることもある、愛嬌たっぷりの性格のようです。

#嘉例川駅#嘉例川駅舎 #木造駅舎 #肥薩線#霧島市#隼人町#夜景#Nikon #d750

Tomoaki Iwakiriさん(@tomoaki_iwakiri)が投稿した写真 –

そんなにゃん太郎が暮らす嘉例川駅は、実は100年以上の歴史を持つ登録有形文化財。
無人駅ですが、そのレトロな外観と周りを取り囲むのどかな風景を目当てに下車する方も多いのだとか。
切符売り場や待合室も昔ながらの味があり、ノスタルジックな雰囲気を味わうことができます。

招き猫のように利用客を呼び込む可愛い観光大使が暮らしている嘉例川駅。
歴史を感じる佇まいの駅とにゃん太郎に出会う旅に出かけてみませんか?

嘉例川駅(霧島市観光協会HP)
http://kirishimakankou.com
nina
nina
こんにちは。ネコ記事ライターのninaと申します。旅行が趣味で、休日は全国の猫町や猫島を旅しています。これから日本や海外の猫スポットをたくさん訪れ、みなさんに素敵な記事をお届けできたらいいなと思っています!