• 16/06/25
  • トリップ
  • 366views

トリドリ編集部

海へ行くときは準備が肝心!子どもを連れて海水浴を楽しむコツ教えます!


海水浴に行くときには、持ち物準備は念入りに行いましょう。

水着、サンダル、帽子、タオル、着替えはもちろんですが、日焼けをしすぎないように海で着るTシャツ、目を守るゴーグルも忘れずに。ポンチョタイプの大判タオルが海辺では便利です。

また、水分補給の飲み物や、食べ物を入れておくための保冷バッグや保冷剤、おしぼりやビニール袋も必要です。うきわやミニボート、空気入れ、砂遊びおもちゃ、レジャーシートも忘れずに。余裕があれば、簡易テントがあると強い陽射しを防げます。日焼け止め、虫さされの薬、目薬、ばんそうこう、熱さましのシートも、夏の旅行には必需品です。いざというときのために、保険証も忘れずに持って行きましょう。

海岸風景

いよいよ海に到着です。小さいお子さん連れなら、海の家などの休憩所を借りましょう。シャワーやトイレ、お昼寝など、休憩したいときに休憩できる場所を確保しておくと安心です。海に入るときも、直射日光から肌を守るために帽子やTシャツの着用を。足元は、脱げやすいビーチサンダルよりも、スポーツサンダルのような脱げにくいものを。裸足で砂浜を歩くのは危険です。

また、うきわをつけているからと安心しないで!海は潮の流れがあり、遠くまで流されてしまうことがあります。くれぐれも、海岸ではお子さんから目を離さないようにしましょう。

男の子と海

海水浴場が近くにあれば日帰り旅行で十分ですが、長距離移動をするなら日帰りは避けましょう。海水浴は思いのほか疲れるものです。一泊旅行なら、かさばる荷物も先に送っておくことができます。

また、天気が悪いとき、体調がすぐれないときは、海水浴は中止しましょう。海に入らなくても遊べるスポットを探しておいたり、滞在先で遊べるおもちゃなどを準備しておくといいですね。子連れ旅行で大切なのは、無理をしないこと。楽しい夏の想い出をつくりましょう。