• 16/07/11
  • トリップ
  • 2,110views

トリドリ編集部

美しすぎる〇〇?!岐阜県美濃地方・根道神社にある言葉も出なくなるほど神秘的な場所とは!?

透明な透き通った池に浮かぶ蓮の花、そして水に反射して映る草木たち・・・みなさんはクロード・モネの描いた「睡蓮」という作品を見た事がありますでしょうか。あの美しい池が再現されているかのような、そんな場所が日本にあるのです。

モネの池

Photo credit: St. Take via Visual Hunt / CC BY-ND

そこは岐阜県関市、国道256号線のすぐ脇にある根道神社という神社のほとりにある小さな池。濁りのない抜群の透明度の水、池の中の藻が鮮やかに見え、色彩豊かな鯉が泳ぎ花びらが浮かぶ・・・まさにモネの「睡蓮」を彷彿とさせるような光景に「モネの池」と呼ばれています。雨が降ってしまうと池の水が濁ってしまうので、訪れるなら是非、数日間晴れた日を選んで行ってみてください!

最寄駅・・・といえるほど近くに駅はないので、車で行きましょう。東海北陸自動車道の美濃IC(名古屋寄り)から国道256線を北上する、もしくは郡上八幡IC(富山寄り)から国道256号線を南下します。オススメは郡上八幡ICからの南下。トンネルが抜けていたり道路が整備されているので、峠道をくねくねと走ることなく、快適に走れます。カーナビでの入力は、根道神社の近くにある喫茶店「風土や」さん(住所:岐阜県関市板取400-1)を入力すると間違いがなさそうです。

肝心の駐車場ですが、根道神社の参道横に20台ほどあるようです。しかし最近SNSやメディアで話題となり、各地から訪れる方が増えているようなので、平日の午前中で埋まってしまうことが殆ど。休日は待つことも覚悟のうえ!?早朝または夕方に行くのをおすすめします。また、トイレですが、駐車場に公共トイレがあるようですが、男女兼用で老朽化が問題となっているようです。休日にトイレ待ちの列が出来ることも。近くにはコンビニなどはないので、途中の道の駅などトイレがある箇所でしっかり済ませて行きましょう。そしてもちろん、根道神社での参拝もお忘れなく♪♪

■モネの池