• 16/07/16
  • トリップ
  • 982views

トリドリ編集部

登山デビューなら夏山日帰り登山がおすすめ。初心者向け「奥多摩・御岳山コース」をご案内

まずは、準備編。いくら気軽な日帰り登山といっても、靴、ウェア、バックパック(リュック)は、ちゃんと登山向けのものを揃えましょう。特に、服装は、体温調節を上手にするために重ね着で工夫を。天候の変化や、休憩中、山頂付近では、夏といえども身体が冷えることがあります。アンダーウエア、ジャケット、レインウエアなど、スポーツ店や専門店で相談して自分に合ったものを選びましょう。また、夏山は紫外線対策も十分にしましょう。帽子は必ずかぶり、日焼け止めも忘れずに。観光地化されている山に登る場合であっても、飲み物、食べ物はある程度持参しましょう。

奥多摩・御岳山に出発です。JR青梅線・御嶽駅を下車。そこからバスで滝本駅へ向かいます。滝本駅から御岳山駅までは、ケーブルカーで登っていきます。

 

Tatsuyaさん(@ht200)が投稿した写真

御岳山駅についたら、まずはここからの眺めを堪能しましょう。トイレ、茶店、売店もありますので、ここから歩く登山の準備を。

 

最初の目的地「武蔵御嶽神社」を目指します。行程は、約30分、御岳ビジターセンター、御嶽神社にトイレがあります。

 

Haruyoさん(@haruyon2525)が投稿した写真

次は、天狗岩までの行程を約60分かけて歩きます。「長尾平」の展望台、「七代の滝」「急坂はしご」など、本格的な登山道となっていきます。長尾平にはテーブルやベンチもたくさんありますので、ここでランチタイムや休憩をとりましょう。トイレもあります。

 

いよいよ、御岳山登山のクライマックス「ロックガーデン周遊」に入り、パワースポット「綾広の滝」を目指します。約70分の行程です。苔むした岩や清流がありますので、滑らないようにご注意を。途中、休憩場所は一カ所のみ。トイレはありますが、売店や水道はありませんので、飲み物、食べ物は持参したものを。終着点・綾広の滝を越えたら、あとは標識に沿って山を下りましょう。

 

ケーブルカーの駅周辺では、御岳山グルメ「きびもち大福」「山女魚塩焼き」「おだんご」などを楽しみましょう。