• 16/07/20
  • トリップ
  • 469views

採花

死ぬまでに一度は行ってみたい!アンコール遺跡群が言葉を失う程に神聖…!

アンコール・ワット

アンコール・ワットは、カンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、遺跡群を代表する寺院建築です。 その大きな遺跡群は世界遺産にも登録され、国旗にもデザインされているカンボジアの一大観光スポットなんです。
全体の大きさは東西1500メートル、南北1300メートル、東京ドーム約15個分の広さをもっています。「アンコール」=「王家の都市」。「ワット」=「寺院」を表す言葉なんです。つまり…アンコール・ワットとは「王都の寺院」という意味になるんです!
想像を超えるほどの大きさと美しい建築様式やレリーフに圧倒されて思わず言葉を失います。

 

アンコール・トム

アンコール・トムはカンボジア北西部にある「アンコール遺跡群」のひとつで、周囲の遺跡とともに世界遺産に登録された、アンコール・ワットの北にある城砦都市遺跡です。アンコール・トムの中央付近にある「バイヨン」はヒンドゥー・仏教混交の寺院跡で、中央祠堂や塔の4面に彫られた人面像が独特の雰囲気を醸し出しています。この表情は「クメールの微笑み」と呼ばれてて、それぞれの表情が少しずつ違います。この柔和な顔を見ていると何かが心にうったえかけてくるような、不思議な気持ちになってきます。

 

アンコール・ワットで絶対に体験したいのが、アンコール・ワットの朝日鑑賞ですよね!朝日に照らされる寺院は、より一層神秘的で、神聖な雰囲気を味わうことができます。朝日が聖池に差し込むのを眺めているだけで、心がすっと穏やかになります。

今回紹介したアンコール遺跡はいかがでしたか?
現地へ行ってこの素晴らしいアンコール遺跡を体験してくださいね♪

採花
採花
こんにちは! 新潟に住んでいるライターの採花(いろは)です♪温泉が大好きで、日本各地のいい温泉を求めて、インドヨガを教えながらいろんな所を旅しています。私が実際に行ったイチオシの温泉宿や、パワースポット、新潟のおすすめスポット&グルメなどを紹介していけたらいいなと思っています♪