• 16/07/23
  • トリップ
  • 818views

トリドリ編集部

“綺麗”のひと言じゃ表しきれない美しさ!森の中に現れるパワースポット、北海道・美瑛の「青い池」はもう行った!?

北海道・美瑛町といったらここを訪れずには帰れない!と言える程、今では国内外問わず人気の観光スポットとなっている「青い池」。みなさんはもうご存知でしょうか!?

青い池

Photo credit: ezorisu via Visualhunt / CC BY

北海道・美瑛町と言えば、パッチワークの路やパノラマロードが有名。でも今回ご紹介したいのは、そんな美瑛の観光中心部から更に車で走ること約30分、森の中に突然現れる神秘的な池。
元々、写真愛好家の間ではじわじわその存在は広まりつつありましたが、2012年にAppleがそのスポットの写真をMacの壁紙にしたことから一躍有名になり、その後も様々なメディアで取り上げられ、今では沢山の人が、思わず言葉が出なくなる程の美しい光景を見ようと訪れています。池の水の青さから、そこは次第に「青い池」と呼ばれるようになったそうです。

Marina Okunoさん(@mna316o)が投稿した写真

そもそも、この青い池は、十勝岳の火山災害対策工事でコンクリートブロックによって造られたえん堤の中に水が溜まったという、偶発的に出来たもの。池が青く輝く理由は、アルミニウムを含んだこのあたりの湧水が美瑛川の水と混ざって、コロイドという粒子を生成し、それが太陽の光を散乱させて池の水を青く映し出すからだそう。私も先日見に行きましたが、こんな美しい場所がたまたま出来たなんて、本当に信じられませんでした。

白いひげ

Photo credit: tetsukun0105 via VisualHunt / CC BY-SA

ベストシーズンは雪解けの後の5月中旬~6月下旬と言われています。その後は徐々に青みが濁ってきますが、7月でもまだ大丈夫なようです。が、雪が降る冬季は観光不可なのでご注意を。そして季節の他に重要視したいのが天候と時間帯。雨が降ると池の水が濁ってしまうので、晴れた日、そして最も綺麗に見えるのが早朝!!朝一番に澄みきった景色を楽しみたい方は、近くの「白金温泉街」に1泊してみてはいかがでしょうか。青い池から約3キロ程、宿泊施設も充実していて、白樺に囲まれた自然たっぷりの中で温泉を満喫出来ちゃいます。
また、この温泉街からすぐ近くにある、滝の水が白いひげのように見えることから名付けられた「白ひげの滝」も必見!ブルーリバー橋から是非ご覧ください♪