• 16/07/25
  • トリップ
  • 373views

つーさん

【登山・ハイキング】そうだ! 世界遺産で日本一の富士山に登ろう!(前編)

登山好きのみなさん、登山してみたいみなさん、そしてキュートな山ガールのみなさんいかがお過ごしでしょうか。登山大好き! でもまだまだビギナーな「トリドリ登山部 つーさん」です。

富士山

初夏の登山の季節になりましたね♪ となると、日本人ならやっぱり登ってみたい日本一のマウンテン、富士山。登山に興味なくても、一度くらい挑戦したい!って方も多いのではないでしょうか? というわけで、富士登山体験をレポします。 富士山に登りたい! けどどうすればいいの?

まず、富士山に登りたい! と思ったときに、みなさんやっぱりネットで調べますよね?高山病だの、服装・装備品だの、たくさん情報は出てくると思うんですが、いくら準備を完璧にしても、初めての富士登山に個人で行くのはちょっと恐い…。「高山病になったらどーしよう?」「どのくらいのペースで登れば…?」「山小屋には泊まった方がいいの?」

ただでさえ不安なのに、実際登ってる時にいろいろ考えてる余裕はない!そんな登山ビギナーな方のために、みなさんご存じの通り、登山ツアーなるものが各旅行会社さんからたくさん出てるんですよね。登山ガイド付き! 定員○○名まで! お住まいの地域から出発! 交通費も込み!ルートは初心者にも人気の吉田ルート! 山小屋に泊まるから安心!希望者はお鉢巡りにも案内しますよ!
下山後はゆったり温泉で疲れを癒やそう!装備品のレンタルもあるよ!

う~ん、至れり尽くせり♪各ツアー会社によって、ポイントは異なりますが、大体こんなツアーが多いんじゃないかと思います。これならきっと登頂できる! というわけで、こんな感じの富士登山ツアーに参加決定!

 

いざ出発! 富士山吉田ルート五合目(登山口)まで編

旅の始まりは朝のバス集合場所から。お住まいの出発地によって、バス直行だったり、新幹線乗ってバスだったり、飛行機乗ってバスだったりするかと思います。つーさんが住んでいるところからはバス直行! でした。
お住まいの地域によりますが、まー朝早いっす。眠いっす。前日は、子どもの頃の遠足の前日かのように、ワクワク興奮して眠れませんでした。明日は富士登山! 体調は整えとけ! と自分に言い聞かせながら、時間は過ぎ…朝を迎えました…でもみなさん大丈夫です!ツアーの場合だと富士山までの移動交通機関で寝れます!ぜひそこで体力を温存しときましょう。

さてさて、バスの中でたっぷり寝るはずだったのですが、富士山が近づくにつれて、バスの中からでも大迫力のその姿が見え始めるんですね。そーなると、寝てなんかいられません。「これに今から登るのか…」ゴクリ。そうこうしてるうちに、富士山吉田ルート五合目に到着です!

登山口

「うわぁ、めっちゃ人いる!」

標高約2,300m。こんな標高の高いところに、こんなにもたくさんの人がいることが不思議です。登山客だけじゃなくて、五合目までの観光客の方達もいるんですね。もはやここは単なる登山口ではなく、観光地です!さて、五合目に着いたらまずは登山者用のロッカーに急ぎましょう!山開きされてからのこの時期は、とにかく人が多いのでロッカーも混み合っております。さすがに全部使われてるってことはないと思いますが、急ぐに越したことはありません。登山に不要なものをロッカーに預けて、集合場所へ。登山ガイドさんの自己紹介や登山中の注意事項、軽い準備運動を行っていよいよ登山開始です!

中編に続く!

つーさん
つーさん
トリドリ編集部 兼 登山部のつーさんです。長い東京生活を経て現在は実家のある広島在住。一児の父として育メン奮闘中! のため、なかなか遠出できない…といった葛藤と闘っております。広島のいいところやおいしいもの、登山情報などをメインにご紹介します。