• 16/07/26
  • トリップ
  • 88views

トリドリ編集部

ニューヒロイン&ヒーローに注目!出産ラッシュを迎えた旭山動物園で、この夏仲間入りした動物たちのことをもっと知りたい♪

ホッキョクグマ

Photo credit: Yoozigen via Visualhunt.com / CC BY

ホッキョクグマ、ペンギン、レッサーパンダ・・・この動物たちに会えるといえば、旭山動物園ですよね♪今回は、夏期開園真っ只中な今だからこそ知っておきたい!この春~夏の繁殖シーズンで新たに仲間入りをした動物たちをピックアップしてご紹介したいと思います!

sakaさん(@saka2.14)が投稿した写真


まず初めに紹介したいのは、今年4/19に生まれて、6/26に一般公開になったばかりの「ユキヒョウ」の赤ちゃん。絶滅危惧種で、繁殖も難しいですが、育てるのもこれまた難しい。日本で繁殖成功したのは2011年以来5年ぶりで、旭山動物園では、昨年5月に初めて1頭生まれたそうですが、翌日に死んでしまい、今回も2頭生まれたうちの1頭は、4日後に死んでしまったとのこと。すくすくと順調に育っているもう1頭がこのまま順調に育ってくれるといいですね♪性別はオスと判明したようで、来園者を対象に名前を募集しているそうです(7/24まで)どんな名前になるのでしょうか。ヒョウといえども赤ちゃんのあどけない表情が何とも可愛らしいです。

H.Sawanoさん(@medicus1988)が投稿した写真


続いて「アムールトラ」の2頭の子ども。4/8に3頭生まれたうち1頭は死産だったのですが、オスとメスの1頭ずつは順調に育ち、6/15から一般公開されています。母親のザリアは昨年も同じく3頭出産していましたが、彼女が環境に馴染めなかったせいか育児放棄してしまい、その後の飼育員さんによる人工哺育の甲斐なく、全頭死んでしまったという悲しい出来事がありました。今回のザリアは育児を行っているようです!産室にも慣れたのでしょうかね。アムールトラは、トラの中で最も大きくて、大人のトラになると体長が250㎝前後になるのだそう。赤ちゃんの今は体長50cmくらいでちっちゃいな~と感じると思います。この2頭のトラも名前を公募していましたが、現在募集は終了し、ユキヒョウと同じく夜の動物園開催中(8/9~8/15)に命名式が行われるようです!

その他にも、冬期期間中に生まれた「ワオキツネザル」のオスの赤ちゃん、名前は「ルー」ちゃんも夏期期間から公開されていたり、6/1には旭山動物園では12年ぶりの出産となる「トナカイ」が見られたり、他にも紹介しきれない程沢山の動物の赤ちゃんを、今年の旭山動物園の夏期開園期間では見ることが出来ます!是非訪れてみてくださいね♪