• 16/07/31
  • トリップ
  • 937views

トリドリ編集部

この夏、日帰りで気軽に行ける「尾瀬ヶ原」ハイキングのススメ

尾瀬は福島県、新潟県、群馬県、の3県の県境にあり、豊富な高山植物を育む、至仏山(標高2,228m)と燧ケ岳(標高2,356m)の2つの山に挟まれている広大な湿原です。
尾瀬ヶ原、尾瀬沼、大江湿原などからなり、本州最大の湿原地帯です。
白い水芭蕉、黄色いニッコウキスゲなどの花の群落が有名で、初心者にもおすすめのハイキングコースがあります。
尾瀬は、1960年に国の特別天然記念物に指定され、2007年には、国立公園に指定されています。

mayukoさん(@mayuko1010)が投稿した写真

尾瀬のハイキングコースは、自然保護のため、ほとんどが歩きやすく整備されています。ですから、ハイキング初心者でも安心です。
一般的な定番コースは、鳩待峠~山の鼻~牛首分岐~竜宮十字路~ヨッピ吊橋~牛首分岐~山の鼻~鳩待峠の約6.5時間のコース。
足に自信のない人には、尾瀬研究見本園を散策する3.5時間の最短コースもあります。
いずれも、数々の花を楽しむことができます。
のんびりゆっくり、大自然を感じて歩きましょう。

となさん(@tonabo)が投稿した写真

尾瀬へのアクセスは、入山口によって違いますが、ここではおよそ半分のハイカーが利用する「鳩待峠」へのアクセスをご紹介します。

■電車利用の場合 上越新幹線「上毛高原駅」または、JR上越線「沼田駅」から、関越交通バスで「戸倉」乗り換え「鳩待峠」
■バス利用の場合 「新宿」から関越交通高速路線バスで「戸倉」乗り換え「鳩待峠」

そのほか、各旅行会社から、新幹線やバス利用の「尾瀬ハイキングツアー」が出ています。
プランに合わせて、上手に利用すると便利です。

yukkeyさん(@yukkeynm)が投稿した写真

尾瀬は、大昔の火山活動でできた湿原です。ですから、周辺は温泉郷になっています。
宿泊しなくても、帰りに立ち寄れる温泉施設はこちら。
ハイキングの疲れを温泉でリフレッシュしてくださいね。