• 16/08/21
  • トリップ
  • 53views

Yokito

一生に一度は行ってみたい!!あのグレース・ケリーも愛した“モナコ”はレベルが違う美しさ!!

モナコ

Photo credit: Artur Staszewski via Visual Hunt / CC BY-SA

世界で2番目に小さな国モナコは、今年日本との国交樹立10周年を迎えました。
モナコといえば、絶世の美女グレース・ケリーがモナコ大公と結婚し、ロイヤルプリンセスとなった国としても知られている美しい場所。
グレース・ケリーの孫にあたる超イケメン王子であるアンドレア王子をご存じの方も多いのではないでしょうか?

世界のセレブ御用達のリゾート地として親しまれるモナコは、地中海の宝石と称される美しい街並みが有名。
是非見学しておきたい場所として挙げられる、海に突き出た岩山の上に建つ美しい宮殿“大公宮殿”を含む『モナコヴィル(Monaco Ville)』地区は、中にある歴史博物館は、ナポレオン関連のコレクションが見られる場所として大人気!

Pavelさん(@psp_saratov)が投稿した写真

モナコヴィルの南端にある宮殿のような建物は、1910年にアルベール1世が始めた海洋博物館です!
アルベール1世は海洋学が趣味であり、その古い歴史と建物の美しさに定評がある人気スポットです。

大公宮殿や海洋博物館、グレース公妃が結婚式を挙げた大聖堂などは、全て歩いて回れる距離にあり、周囲は海を見渡せる絶好の散歩道になっています。
宮殿のすぐ前のパレ広場からは、モンテカルロ港とモナコの町を見渡せる展望台があり、絶景スポットとして大人気!
この地区の道は狭くて入り組んでおり、まるで中世に迷い込んだかのよう。また土産物屋やレストランなどもたくさんあります。

sumi heoさん(@sunny_soom)が投稿した写真

またオススメの観光地として、“グレース公妃のバラ園”を忘れてはいけません。
フォンヴィエイユ地区のヘリポートの横にあるコチラは、美しきグレース王妃の如く、5000平方メートルの庭の中に約300種類、8000本を超えるバラが咲き乱れています。
1984年6月、グレース・ケリーの事故死の2年後にできたもので、 生前のグレース公妃のモナコ国中をバラで飾りたいという願いを再現した美しい場所!乙女心がくすぐられますよ!

■Roseraie Princesse Grace (グレース公妃のバラ園)
入場:入場料無料、年中無休(24 時間オープン)

モナコ

Photo credit: lackystrike via VisualHunt.com / CC BY-ND

またモナコといえばカジノも有名ですよね!多数あるカジノの中でもオススメは“カジノ・ド・モンテカルロ”で、その優雅な佇まいは全くカジノの雰囲気を感じさせません。
夜には美しくライトアップされ、美しいモナコの街並みを更に引き立たせる存在。コチラにはドレスコードがあり、皆オシャレに着飾りカジノを楽しんでいます。

美しきグレース・ケリーが愛した美しい国モナコ。百聞は一見に如かず!
いざ、あなたの目でその“地中海の宝石”を見にいきましょう!

また9月には銀座で国交10周年を記念した、グレース・ケリー展が銀座で開催されますので、コチラも要チェック!↓
http://www.gracekelly-exhibition.com/

Yokito
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。