• 16/08/28
  • トリップ
  • 80views

トリドリ編集部

平和と歴史に想いを馳せる「長崎の教会めぐりの旅」。あなたも「心の旅」をしてみませんか?

「長崎の教会群」は、長崎がキリスト教と出会い、繁栄から禁教を経て、復活する歴史を刻んでいます。
教会群を訪れ、歴史や文化を学ぶとともに、教会を中心とした暮らしや周囲の自然に触れ、心が穏やかになるひとときをお過ごしください。
ただし、教会は祈りの場であって、観光施設ではありません。見学に事前連絡の必要なところもあります。立ち入りや写真撮影禁止の場所もあります。ルールを守って静かに見学しましょう。
多くの教会は、拝観料・入場料が無料ですが、感謝の気持ちで献金箱に寄付をしましょう。

長崎の教会群をめぐるコースは、丸一日かけて回るコースが6エリア・8コースあります。全コースを回るとすれば、一週間以上かかります。
ここでは、代表的なコースをご紹介しましょう。

ackさん(@chixx44)が投稿した写真

まず、JR佐世保駅から訪れる「平戸島・生月島コース」をご案内しましょう。
平戸大橋より「フランシスコ・ザビエル記念碑」「平戸ザビエル記念教会」「山野教会」へ。
さらに、生月大橋から「山田教会」「黒瀬の辻殉教地(ガスパル様)」「平戸市生月町博物館・島の館」へ。
その後「平戸市切支丹資料館」「紐差教会」「宝亀教会」を見学します。車を利用して回る一日コースです。

@michuru34が投稿した写真

JR長崎駅から訪れる「長崎コース」では、まず「浦上教会」「如己堂」を見学の後「平和公園」へ。
「サン・ラザロ病院跡(山王神社)」「日本二十六聖人殉教地(西坂公園)」「中町教会」「サント・ドミンゴ教会跡資料館」「春徳寺(トードス・オス・サントス教会堂跡)」「聖コルベゆかりの暖炉」を見学の後、「大浦天主堂」「神ノ島教会」へ。
車と徒歩を組み合わせながら回る一日コースです。