• 16/08/31
  • トリップ
  • 93views

トリドリ編集部

“港版”道の駅!?Sea(シー)級グルメも楽しめる「みなとオアシス」に行ってみよう!

みなとオアシス

住民の交流の場、憩いの場へとつながる美しいみなとづくりを目指し、国土交通省が認定、支援する「みなとオアシス」。
地域内外の人が港を通じて交流する「にぎわい交流拠点」や、地域活性化に貢献することを目的としています。
まさに、近年ブームにもなっている「道の駅」の海バージョンですね♪

全国、津々浦々にある「みなとオアシス」は、登録数91ヵ所、仮登録数3ヵ所(2016年8月6日現在)と、徐々に広がりを見せています。
各都道府県の「みなとオアシス」から地元の名産品を使った自慢のグルメを集結させ、来場者の投票によってNo.1を決める「Sea(シー)級グルメ全国大会」を定期的に開催。多くの人がSea級グルメを楽しんでいます♪
ここに登場する飲食物には、何らかの「海」の要素が含まれていることが条件。
三重県鳥羽市の「サメ春巻」や愛知県蒲郡市の名産、アサリをふんだんに使用した「ガマゴリうどん」、茨城県大洗市の「しらす丼」など、その土地ならではの特色あるメニューばかりです♪

生しらす丼

Photo credit: yoppy via Visual hunt / CC BY

次回のSea級グルメ大会は、2016年10月1日(土)・2日(日)の2日間、愛知県蒲郡市の竹島ふ頭(みなとオアシスがまごおり)で開催予定。
イベントでは、動く洋上のホテル・客船の「ぱしふぃっくびぃなす」の船内見学(応募による抽選)のお楽しみも♪

食欲の秋!行楽の秋!気持ちの良い潮風に吹かれて、美味しいSea級グルメを堪能してみてはいかが?