• 16/09/01
  • トリップ
  • 650views

トリドリ編集部

長時間フライトでは肌の乾燥に注意!機内での正しいスキンケア方法を知っておこう!

飛行機

長時間のフライトを終えた後、飛行機を降りたら肌がカサカサ…なんて経験をしたことはありませんか?こうした旅行での肌荒れは、機内の乾燥が原因になっていることが多いんです!一般的に機内の湿度は20%以下にまで下がると言われており、美肌に欠かせない潤いはどんどん失われていく環境。肌の乾燥を防いで美肌をキープするためには、機内で正しいスキンケアをしておくことが重要です。液体スキンケア用品を手荷物として機内に持ち込む場合、100ml以下の容器に入れ、それらを透明なプラスチック袋に入れて用意しておかなければなりません。しかし、少ないアイテムでも工夫次第で肌にしっかりと潤い補給できるんですよ!

メイクを落とすタイミング

化粧品

メイクをしたまま搭乗した場合、早めに落として肌への負担を軽くし、スキンケアに備えましょう。食事を終えて機内の照明が落ちた後なら周りの目を気にすることもありませんね。機内の小さなシンクで顔を洗うのは非常に苦労するため、避けた方が無難です。席に座ったまま使えるクレンジングシートを用意しておけば、水洗いする必要もなく手早くメイクを落とせますよ!また、最初からすっぴんで乗るのももちろんOK!長時間のフライトではノーメイクのまま乗る方も多いそうです。

クレンジングの後はしっかり保湿を!

機内でのケアは、メイクを落とした後からが本番です!まずおすすめしたいのはミストタイプの化粧水。さっとひと吹きするだけで顔全体、さらに髪や体にも水分を補給してくれます。ハンドプレスをしてしっかりと肌に浸透させて下さいね。その後は全身に使えるオイルバームで保湿をすればスキンケアは完了!目元や唇など、気になる部分にはたっぷり塗っておくのがおすすめです。

加湿器代わりにおしぼりを水で濡らして席の近くにかけておくだけでも、カサカサ肌を防止してくれますよ。飛行機から降りた後も元気に旅行を楽しめるよう、こうした工夫をしながら肌コンディションを整えておきましょう!