• 16/09/01
  • トリップ
  • 77views

Yokito

朝・昼・晩どんな時だって美しすぎる!地球のへそ「ウルル」で、大自然を堪能しよう!!

誰でも一度は訪れてみたいオーストラリアのエアーズロックこと「ウルル」。地球のへそとも言われているウルルは、その壮大な景観はもちろんのこと、朝・昼・晩と違った顔を見せてくれるのも、ウルルで味わえる醍醐味の1つ。

エアーズロック

Photo credit: Bloody Nick via Visual hunt / CC BY-ND

ではまず、エアーズロック地域への移動手段ですが、別都市からレンタカーで数日かけて向かうか、飛行機で向かう空路、またはアデレードやダーウィンから列車での移動の三択となります。

ユララ

Photo credit: blachswan via VisualHunt / CC BY

1日ツアーなどではなく、数日間滞在するというのがメインの為、ウルル近郊での宿泊施設の確保は必須。ウルルから20Kmほど離れたユララという地域では、キャンプサイトやパックパッカー用ホステル、ホテルなどが数カ所ある為、大抵の人はココを利用しています。

Anna Zhengさん(@douwacorn)が投稿した写真

その中でも特にオススメなのは4つ星のスーペリアホテルでもある”デザート・ガーデンズ・ホテル”。人気の秘訣としては、客室からウルルを見ることができる「デラックス・ロックビュー・ルーム」の存在!部屋の数は限られていますが、大きな窓からウルルが一望でき、正に迫力満点。早い段階で予約が埋まってしまう超人気のお部屋となっています。

デザート・ガーデンズ・ホテルの予約はコチラ

 

hitmeさん(@hit_me215)が投稿した写真

さて、いよいよウルルの絶景を楽しむには、やっぱり朝・昼・晩の異なる時間で観察するのが絶対にオススメ。
現地では様々なツアーが用意されており、例えば、朝に昇ってくる朝日によって少しずつ色を変えるウルルは、生命力の強さを感じさせる最高のシーンとなっています。

現地で参加できるサンライズツアーはコチラ

 

そして夕日と共に燃え上がるサンセットのウルルだって忘れちゃいけません。日が傾き始めると、徐々に岩肌が赤く染まり始め、日が沈む瞬間には、びっくりするほど真っ赤な色に染まるんです。これぞ、見たかった景色!と、感動すること間違いナシですよ。中にはラクダに乗って見に行けるツアーや、星空の元BBQディナーを楽しめるものまで。

詳細は、現地サンセットツアーをチェック

 

@mosslessstoneが投稿した写真

そして欲張りなアナタには、サンセット、サンライズ、そして夜空に浮かぶ満点の星にそびえる美しい夜のウルルも楽しめるツアーもオススメ。真っ赤に染まったウルルもキレイですが、夜空と共に織り成す絶景も格別なんです!

国立公園パスもセットになった現地ツアーはコチラ

 

もしウルルに登ってみたい場合は、”ウルル・カタジュタ国立公園”に入らなければいけません。ここでは25ドルの入場料が必要となるので、お忘れなく!さらにウルルへ登山できるのは毎日という訳ではなく、様々な条件によって登山ができない日が、とても多いんです。特にオーストラリアの夏場(南半球の為、日本でいう冬場)は、ほぼ登れないんだとか…。登れたらラッキー位で思っておくのがベターです。(ちなみに道はかなり険しいです…!)

Nadine Fuさん(@nadilarious44)が投稿した写真

登らずとも、各ビューポイントからの眺めも素晴らしく、周囲のトレッキングコースを歩いたり、またこのウルルを今も聖地として守り続けているアボリジニー人の文化や歴史を学ぶツアーなどに参加するのもオススメ。
日常を忘れて、地球のへそで本当の大自然を堪能しちゃいましょう!

Yokito
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。