• 16/09/05
  • トリップ
  • 785views

トリドリ編集部

なぜ私は酔っちゃうの?“乗り物酔いのメカニズム”と“酔いにくくなる対策”をご紹介します!

頭をかかえる女性

乗り物での遠出や旅行の予定は、いくつになってもウキウキワクワクしちゃいますよね。
ただ、乗り物に酔いやすい人は、「長時間、乗り物に乗って移動しなきゃいけないんだ」と考えただけでも、なんだか憂鬱になってしまうのではないでしょうか?
乗り物酔いさえなければ、もっともっと楽しく出発を迎えることができますよね!まずは“乗り物酔いのメカニズム”からご紹介します。

なんで乗り物酔いが起きるの?

飛行機

乗り物酔いは、人の耳の中にあり平衡感覚をつかさどる「三半規管」が、乗り物のスピードや振動によって刺激されることで自律神経のバランスが崩れてしまい、起こるといわれています。
乗り物の進行方向とは逆向きに座ってしまったり、酔ったらどうしよう・・・という不安と緊張感、睡眠不足やギュッときつく体を締めつけるような服装は、酔いやすくなるので気をつけましょう。

乗り物酔いにならないために

酔い止めの薬を飲んで準備万端にしていても、体調や環境によって乗り物に酔ってしまうこともあります。
その場合は、スッキリする甘くないミント系の飴を舐めたり、乗り物酔いに効果があるツボ「内関」を刺激したり、シートの背もたれから背中を離して、なるべく振動を受けないようにする姿勢をとったり、窓から遠くの景色を眺めるなどの対策をしてみるといいですよ。

少しずつ改善しよう!

乗り物酔いは“慣れ”で治ることがあります。これらの対策を実践していくことで、少しずつ酔いにくい体質になっていくはずです♡是非、お試しください。