• 16/09/17
  • トリップ
  • 132views

トリドリ編集部

ニュージーランドに富士山ってどういうこと??新定番スポットのニュープリマスに日本人が行くべき理由って?

ニュージーランド北島の南西部に位置するタラナキ地方の中心地「ニュープリマス(New Plymouth)」は、海と山に囲まれた大自然が残る場所。

街の南にそびえ立つMount Taranaki(タラナキ山:標高2,518m)は、タラナキ地方のシンボルとして親しまれており、北島で2番目に高い山として知られています。別名Mount Egmontとしても知られるタラナキ山周辺は、エグモント国立公園に指定されており、夏には多くの人がクライミングを楽しんでいます。

タラナキ山

Photo credit: dcysurfer / Dave Young via VisualHunt.com / CC BY

見ての通り、富士山にとてもソックリなタラナキ山。実は日本が舞台のハリウッド映画『ラストサムライ』のロケ地としても使用されていたんです。納得ですね!

ちなみにコチラは日本の富士山↓

富士山

Photo credit: TANAKA Juuyoh (田中十洋) via VisualHunt.com / CC BY

うっすらと積もった雪が、山の美しさをさらに引き立て、ふもとに広がる平野はまるで富士山そのものなタラナキ山。ニュージーランドにありながら、私たち日本人には不思議と親近感の湧く美しい山となっています。

街並み

Photo credit: dcysurfer / Dave Young via VisualHunt / CC BY

このタラナキ山頂からふもとを見渡すと、緑豊かな大地に小さな町が点在しており、海側は荒々しい海岸線に囲まれているのがわかります。この地方独特の地形ゆえ、午前中にはスノーボードで遊び、同日午後にサーフィンをするという楽しみ方もできちゃうのがスゴイところ!

ニュープリマス

Photo credit: The Wandering Angel via Visual Hunt / CC BY

というのもこのニュープリマスは、ニュージーランド国内有数のサーフポイントとしても有名!このタズマン海に突き出た半島沿いには、約100kmにも渡って、波の立つポイントが集中しており、サーファーにとっては夢のような「サーフ・ハイウェイ」と呼ばれています。荒々しい波に乗るには最高のサーフィンスポット”ニュープリマス”も見逃せません!

ニュープリマス・ウォークウェイ

Photo credit: mytdx 4 via VisualHunt / CC BY

またサーフィン以外にも、海を楽しめる絶好のスポットが「ニュープリマス・ウォークウェイ」!こちらは、街中のウォーターフロントに造られた6kmに渡る遊歩道で、ブルーが綺麗なタズマン海を眺めながら、のんびりお散歩をするのにオススメです。

ウィンド・ワンド

Photo credit: Natalia Volna itravelNZ@ travel app via VisualHunt / CC BY

またこの遊歩道沿いにある歴史博物館「プケ・アリキ」を見学したり、その近くにある大きな芸術彫刻「ウィンド・ワンド」(風で動く彫刻)なども、一見の価値あり!様々な楽しみがいっぱいの素敵な遊歩道です。

アート

Photo credit: russellstreet via Visualhunt / CC BY-SA

また街中のあちこちにアーティスティックな絵やおもしろい彫刻を発見することができ、アート要素も満載!まさに色んな魅力が詰まった素敵な街となっています。

アート要素もさることながら、自然がそのままの形で姿を残す雄大なニュージーランドはアクティブ派のアナタに超オススメ。タラナキ山の他にも様々な山が連なっており、これからのシーズンはクライミングにも持ってこいです!

ニュージーランドを満喫したいならこちらのツアーパック!

タナラキ山

Photo credit: kewl via Visualhunt.com / CC BY

南半球にあるニュージーランドは季節が反対だからこそ、旅行シーズンはこれから!また治安が良い国として常に上位にランクインしているニュージーランドなので、思いきって女の子ひとり旅でアクティブに過ごすのだってオススメです。
素敵なニュージーランドの富士山こと「タナラキ山」を含むニュープリマスを楽しんじゃいませんか?