• 16/09/20
  • トリップ
  • 146views

トリドリ編集部

札幌から約50分!歴史ある運河の街「小樽」でノスタルジックな旅を楽しもう♪

異国情緒あふれる運河の街「小樽」。歴史ある建造物をはじめ、ロマンチックな夜景、海鮮グルメなど見どころが盛りだくさんの観光地です。札幌からアクセスしやすく、小樽へは電車で約50分。進行方向右側の席に座り、車窓から見える海を眺めながら到着を待ちましょう♪


まずは小樽駅から徒歩1分の三角市場へ。ここには鮮魚店や海産物を使ったお食事処が所狭しと並んでいます。北海の幸をお手頃価格で食べられるのもこの土地ならでは!

小樽運河
三角市場から10分ほど歩くと小樽運河に到着。運河の一部を埋め立てて造られた散策路には石造倉庫群を再利用した飲食店が立ち並びます。夜には63基ものガス灯が運河沿いの倉庫群を照らし、昼間とはまた違った雰囲気を醸し出します。


灯台の形をしたメルヘン交差点が見えてきたら、そこからはオルゴールやガラスなどの伝統工芸品を取り扱うショップがずらり!

小樽オルゴール堂

Photo credit: MiNe (sfmine79) via VisualHunt.com / CC BY

中でも有名なのはこちらの「小樽オルゴール堂」。明治時代に建てられた木骨造りの建物の中には多種多様なオルゴールが展示・販売されています。入り口前に設置されている蒸気時計は記念撮影場所としても有名ですね。


美しいガラス工芸品のお店も必ず立ち寄りたい場所の一つ。特に観光客に人気なのは老舗のガラス製造販売会社「北一硝子」です。石油ランプが灯された神秘的な空間や、和ガラスから洋ガラスまで幅広く取り揃えたフロアなど、その豪華さに目を見張ること間違いなしですよ!

shiori*さん(@shioryt)が投稿した写真


もう一つ小樽観光に欠かせないスポットといえば「旧手宮線跡」。市街地に残る廃線跡は人気女性誌などの撮影にも使われたフォトジェニックな場所で、木下優樹菜さん、ローラさんなどが紹介したことでも話題を集めました。

テツさん(@liuchiche)が投稿した写真


また、2017年2月3日(金)~12日(日)には幻想的なイベント「小樽雪あかりの路19」の開催が予定されています!浮き玉ろうそくやスノーキャンドルなどの温かい灯が小樽の街並みを照らす光景をぜひ見に行ってみて下さいね♪