• 16/09/21
  • トリップ
  • 909views

トリドリ編集部

埼玉県にフィンランドの童話の世界が!「あけぼの子どもの森公園」に行ってみよう!

azsさん(@a_z_02_)が投稿した写真

「あけぼの子どもの森公園」は、平成9年7月に開園した公園です。国から指定を受け、飯能市が建設しました。
「子どもたちが、飯能の自然に囲まれたこの公園で楽しく遊びながら、さまざまな体験を通してそれぞれ独自の個性を伸ばし、仲間を思いやる心をもって成長していくこと」を願って造られた公園だそうです。
この公園は、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンの「ムーミン童話」の世界を取り入れた公園として人気となっています。これからの紅葉の季節に、ぜひ訪れてみませんか?

Yüi-Satöさん(@yy_1523)が投稿した写真

公園内の施設をご紹介しましょう。まず、目を引くのは、キノコの形をした「ムーミン屋敷」。
内部に子どもが遊べるアスレチックがあります。指導員もいるので安全です。
ヒノキで作られたドーム状の「子ども劇場」では、小規模のコンサートや演劇講演なども開催されています。
「森の家」は、トーベ・ヤンソンのふるさとからムーミン誕生までの時代の流れをパネルにした資料館になっています。
スナフキンが釣りを楽しんでいた桟橋のような「水あび小屋」もあり、素敵な写真がたくさん撮れそうです。

みわさん(@miwa0464)が投稿した写真

「あけぼの子どもの森公園」はテーマパークではありません。
市立の公園ですので入園は無料ですが、全面禁煙です。自転車の乗り入れ、屋外遊具は持ち込み禁止です。
また、公園内にレストラン・売店等はありません。マナーを守って、公園を利用しましょう。

■あけぼの子どもの森公園 http://www.city.hanno.saitama.jp/0000002658.html
開園時間:午前9時~午後5時
休園日:月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌平日)、年末年始(12月28日~1月4日)
入園料:無料
駐車場:市民体育館・市民球場・ホッケー場と共用
駐車料金:無料
アクセス:
【車】圏央道狭山日高インターより約20分◦圏央道入間インターより約20分◦関越自動車道川越インターより約50分
【公共交通機関】西武池袋線 元加治駅下車 徒歩20分