• 16/09/27
  • トリップ
  • 112views

トリドリ編集部

日本の出版物がすべて読める国立国会図書館が穴場!絶版漫画や生まれた日の新聞が読めちゃう?!

国立国会図書館
無料で利用できるのが魅力の公共図書館ですが、目的の本が保存されていないなんてことありませんか?国立国会図書館では雑誌や新聞、絶版になった漫画まで読めちゃいます!一日いても飽きない国立国会図書館の魅力をご紹介します!

1日いても飽きない国立国会図書館の魅力とは?!

Ryuki_ksさん(@ryuki_ks)が投稿した写真


国立国会図書館は本来、国会議員や関係者からの依頼によりさまざまな調査や情報提供など国会活動の補佐的な役割を持っています。日本で出版されたすべての書物を収集・保存していて、その数はなんと4,000万!
国会議員や国際会関係者しか利用できないのかと思いきや、実は一般の人でも18歳以上なら無料で利用可能。個人への資料貸出しは行われていませんが、館内であれば閲覧可能。地方の人も図書館間貸出しサービスを利用すれば、自宅近くの図書館に取り寄せることができます。
雑誌や漫画も所蔵されているので、1日いても飽きませんね。絶版になって高値で販売されている漫画も無料で読めるのは大きな魅力!自分が生まれた日の新聞だって読めますよ。

国立国会図書館を利用するなら、無料の利用登録がおすすめ!

makinkoさん(@m74_sheep)が投稿した写真


国立国会図書館は東京本館と関西館、国際子ども図書館の3つの建物があります。
千代田区永田町にある東京本館は、最寄り駅の東京メトロ有楽町線の永田町駅から徒歩5分でアクセスできます。駐車場も用意されていますが、できるだけ公共交通機関を使用しましょう。
京都府にある関西館には346台収容可能な駐車場があるので、車でのアクセスが便利。公共交通機関利用の場合は、JR学研都市線の祝園駅または近鉄京都の線新祝園駅から出ている奈良交通バスの利用が便利です。
登録無料の登録利用者となれば、書庫を含めた館内資料の閲覧資料の複写サービス、また申し込んだ複写資料の郵送サービスなどを受けることができますよ。登録しなくても開架の資料は閲覧できますが、所蔵資料の大部分が書庫内に保存されているので利用登録するのがおすすめ。子供たちもたくさんの絵本に喜んでくれるはずです。
無料で思いっきり本を楽しめる国立国会図書館をぜひ利用してみてください!

■国立国会図書館 東京本館
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/index.html

■国立国会図書館 関西館
http://www.ndl.go.jp/jp/service/kansai/index.html

■国立国会図書館 国際子ども図書館
http://www.kodomo.go.jp/