• 16/09/30
  • トリップ
  • 227views

Yokito

スペイン在住の私がおすすめする、現地の人に愛されてる美味しいもの【その2】

スペイン・マドリッド在住のYokitoがお送りする現地シリーズ。今回は、スペイン人にとって欠かせない、「タパス(小皿料理)」についてご紹介させて頂きます!
バルの店内
マドリッドやバルセロナといった大都市に限らず、大抵の都市では5メートルに1軒はバルがあると言っても過言でないほど、バル文化は人々の生活に根付いています。
バルの店内
日本でイメージするならば、ちょっと喫茶店でお茶する感覚でバルを利用している感じ。こちらのバルは、朝食はもちろん、昼食そして夕食もとれるほどの広いメニューのバリエーションを持っており、バルだけで全部事足りてしまうんです。
ショーケースに並ぶタパス
スペインでは、様々なバルでお気に入りのタパスと、ワインやビールを飲んで、次のバルへハシゴするというスタイルが定番。ショーケースに様々なタパスが並べられており、そこから好きなものを選べる形式が一般的です。
ショーケースに並ぶタパス
そこで今回は私Yokitoオススメのタパスについてご紹介いたします!!皆さんもスペイン旅行の際は是非ともオーダーしてみて下さいね。

スペインといったらイベリコ豚の生ハム!

イベリコ豚の生ハム
 
日本ではお高いイベリコ豚は、本場スペインだからこそ味わいたい絶品タパス。タパスは基本的に一皿2・3ユーロほどで楽しめるので、いろいろ試すのにも最適!スペインが誇るイベリコ豚を是非この機会にご賞味あれ!!

定番トルティージャのタパス

トルティージャのタパストルティージャのタパス
 
このトルティージャはモダンなタイプで、中にはカラメル風の甘い玉ねぎと、たっぷりのポテトが入っています。ボリュームもたっぷりで、特に若者のファンが多いそう!!
スパイシーなパプリカソースがかかったトルティージャ
 
こちらは、スパイシーなパプリカソースがかかったタイプ。
それぞれのバリエーションが楽しめるトルティージャは、その個性も店ごとに様々なんですよ!!

山羊のチーズとアンチョビ、フルーツジャムのコンビネーション

山羊のチーズとアンチョビ、フルーツジャムのコンビネーション
 
山羊のチーズは、独特の深い味わいがありスペインで大人気。特にジャムとの組み合わせは最高で、一気に贅沢な味わいになります。アンチョビとの相性も◎!

カブラッチョ(オコゼによく似た魚を使ったタパス)

カブラッチョ(オコゼによく似た魚を使ったタパス)
 
スペインはシーフードも大変豊富で、魚を使った料理がたくさん。こちらは魚の身を粗いペースト状にしたもので、魚の旨味が凝縮された濃厚タパスとなっています!!日本人好みの深い味わいが楽しめますよ。

ホタテの身がぎっつり詰まった団子風のタパス

ホタテの身がぎっつり詰まった団子風のタパス
 
言わずもがな…絶品です。サクサクのポテトと、トロけるチーズの組み合わせが最高!!スペインでは、食材はおなじみでも、国が変わると違ったアプローチで調理されることも多いので、大変興味深いですよね。

ティント・デ・ベラーノ(赤ワインをソーダで割った夏の定番ドリンク)

ティント・デ・ベラーノ(赤ワインをソーダで割った夏の定番ドリンク)
 
夏は、テラスでティント・デ・ベラーノを楽しみながら、タパスを食べるなんてのもオススメ。どのタパスもワインにとっても合うんです★
バルを楽しむライター
 
今回オススメしたもの以外にも、まだまだ無数の種類があるタパス。しかしながら、すぐにアナタのお気に入りが見つかるほど、どれもかなりのクオリティーがあります!美味しいタパスは元気の源。スペインでは、昼間から1人でのんびりビールやワインを飲みながらタパスで軽食を取るのも珍しいことではありません、旅行の際は是非、色々なスペイングルメを楽しんで下さいね!!

Yokito
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。