• 16/10/01
  • トリップ
  • 2,078views

トリドリ編集部

どうせ乗るならお安く楽しく♪首都圏から新幹線にお得に乗るための3つの小技

新幹線

Photo credit: noriqnub via Visual Hunt / CC BY-SA

出張や旅行、帰省の時など…新幹線を利用するときって1年通して意外と多いですよね。しかし、往復すると案外料金もかかるから困るなぁ・・・そんな方は、裏技を利用して賢く乗り、浮いたお金を違うところに使ってみるのはいかがですか♪

1.「えきねっとトクだ値」「ぷらっとこだま」の割引を活用する

nomuyojiさん(@nomuyoji)が投稿した写真

JR各社などでお得に新幹線に乗れるプランがありますので、そちらをぜひ活用ください。
JR東海ツアーズで発売しているのが「ぷらっとこだま」、JR東日本で発売しているのが「えきねっとトクだ値」です。

対象となる列車や区間、席数など限定されていたり、購入の際の注意事項などはありますが、ハマればこんなにお得なことはありません!「えきねっとトクだ値」には乗車日13日前の午前1時40分までの申し込みで、さらに割引になる「お先にトクだ値」もありますよ!

■ぷらっとこだま
対象方面:東海道新幹線(東京~新大阪間)
値段(割引率):(例)東京→新大阪<片道:乗車券+特急券(普通車指定席)>
(通常期)14,140円→10,300円(27~28%割引)
※グリーン車へは+1,500円で乗車可能
メリット・1名から出発保証
・1ドリンク引換券つき(350mlのビールも飲めちゃう)
・こだまの豊富な時間帯から選べる
・インターネット、窓口、旅行代理店、電話と受付窓口も豊富

注意事項:・変更は一切不可、一度取消してから再予約となる
・企画旅行の扱いとなるので、取消料は通常の切符の取消とは異なり、出発の10日前からかかる
・のぞみやひかり列車は乗車できない
・途中下車・乗車、乗り遅れた場合も後続のこだま自由席に乗車できない
・各駅停車のため、所要時間はかかる
・当日予約は不可

 

■えきねっとトクだ値
https://www.eki-net.com/top/tokudane/?src=ekinettop_g
対象方面:東北・秋田・山形・北海道・上越・北陸新幹線、特急列車(在来線)
値段(割引率):(例)東京→新青森<片道:乗車券+特急券(普通車指定席)>
(通常期)17,350円→16,480円(5%割引)
※お先にトクだ値の場合→13,010円(25%割引)
メリット:年末年始やお盆、連休など時期を選ばず使用可能
1度に6名分まで申し込み可能
駅レンタカーもお得になるプランあり

注意事項:えきねっと会員になる必要あり(無料、クレジットカードの情報入力要)
インターネットでの予約のみ、窓口では受付不可
列車や席数、区間は限定
変更・払い戻しはきっぷ受け取り前までで、インターネットでの変更のみ受付
きっぷ受け取り後の変更や払戻は不可(払戻には所定の取消料や手数料が発生)

2.金券ショップやネットオークションでバラ売りの回数券や株主優待券を買う

これは裏技と言える方法ですね。割引率や値段はその日ごとや店舗によって異なりますが、約10%前後くらい割引になるでしょうか。急なお出かけや、出発や帰宅時間を決められない場合など、有効かもしれません。回数券自体がもともと通常1枚当たりの料金がお値打ちになっているので、お得に購入できるのです。
しかし回数券はGWやお盆など、大型連休の際は期間対象外なので、注意してくださいね。

3.旅行会社のホテル付パッケージツアーを利用する

新幹線の車内

Photo credit: Konstantin Leonov via Visualhunt.com / CC BY

旅行などでホテルも予約したい、という場合はこちらのプランが一番お値打ちになるかもしれません。ホテルのグレードや出発日によって料金は異なりますが、1泊2日でスタンダードなホテルだったら、新幹線の通常の料金の往復分の値段で、JR+ホテル宿泊分がまかなえてしまう事が多いでしょう。バラバラに予約するより確実にお得になると思います♪
パッケージツアーになると、各旅行会社が主催となるので、旅行会社やツアーごとに申込期限や取消料・払戻などの規定が変わります。よく注意してくださいね。

■JR東日本国内ツアー
http://www.eki-net.com/travel/
■JR東海ツアーズ
http://sp.jrtours.co.jp/www