• 16/10/04
  • トリップ
  • 143views

南まい

つけ麺に牛丼、俺のイタリアンまで!進化するJALの人気有名店とのコラボ機内食が斬新すぎると話題に!

世界で最も優れたエコノミークラスシートを讃える「ベストエコノミークラス・エアラインシート」にも選ばれたJAL(日本航空)の国際線ですが、シートの快適さだけでなく自由な発想から生まれる人気有名店とのコラボレーション機内食が話題を呼んでいます。
機内食イメージ
つけめんの元祖である「大勝軒」とのコラボメニュー「AIR大勝軒」。サービス時には「AIR大勝軒の美味しい食べ方説明書」が一緒に配布され、メニュー内容や味へのこだわり、裏面には日本語と英語でつけめんの食べ方が載っています。

機内食イメージ
大勝軒独自の小麦粉を使用したコシのある麺と、甘酢の効いたコクのあるスープは、まさに大勝軒そのもの!トッピングには、チャーシュー、なると、メンマ、もやし、焼きのりなど、半熟の味玉もしっかり再現されています。

機内食イメージ
有名牛丼チェーン店の吉野家と共同開発した「AIR吉野家」は、「熟成肉」を使用し、肉のうまみ、なめらかな触感を追求した最高の一杯に仕上がっています。玉ねぎ、たれ、紅しょうがや七味まで、吉野家の味が機内で完璧に再現されています。

機内食イメージ
別皿になっている牛丼の具を自分でご飯にかけるタイプで、ご飯につゆがしみていく瞬間の美味しさが空の上で味わえます。乾燥している機内環境への配慮からつゆが多めの“つゆだく”になっているのも嬉しいですね。

機内食イメージ
成田からホノルル線限定の機内食「俺の機内食 for Resort」は、一流シェフの高級料理を立ち飲みスタイルで提供する話題のお店「俺のフレンチ・イタリアン」とJALがコラボした人気の機内食です。メインディッシュはフレンチのシェフが監修した「俺のビーフストロガノフ」を、サイドディッシュとデザートにはイタリアンのシェフが監修した「俺の前菜」「俺のサラダ トリュフオイルドレッシング」「俺のスイーツ“ティラミス”」という豪華なメニュー。これがエコノミークラスで提供されるなんてさすがJALです。

機内食イメージ
レストランではありませんが、ちょっと変わったコラボが実現したのが「AIRくまもん」。熊本県の人気キャラクター「くまモン」がパッケージとして全面にデザインされた、初の自治体とのコラボメニューです。食事内容は熊本県のご当地グルメ「太平燕(タイピーエン) 」という春雨スープに野菜などの具材を入れた熊本県を代表する麺料理で、熊本市の老舗中華料理店「紅蘭亭(こうらんてい)」の監修で完成した本格的メニューです。デザートにはくまモンカスタードケーキも付いて、くまモンファンにはたまらない機内食となっています。

機内食イメージ
このほかにも「カフェ・カイラ 」「資生堂パーラー」「モスバーガー」「たいめいけん」「ミスタードーナツ」「ケンタッキー」「スープストックトーキョー」「クアアイナ」など、期間限定でたくさんの有名店とのコラボメニューを提供しています。JALのオリジナリティに溢れた斬新な機内食には、今後も注目が集まりそうです。

南まい
南まい
510日間100ヶ所以上の世界遺産を周って世界一周しました! 女ひとり旅本「独女世界放浪記」(ポプラ社)を出版後、 NHK BS1「エルムンド」海外レポーターとして約70日間の世界二周目も達成! 現在は添乗員として月の半分以上を海外で過ごしています。訪問国数80カ国以上。