• 16/10/07
  • トリップ
  • 133views

Yokito

まるでマリー・アントワネット気分♪豪華すぎるヴェルサイユ宮殿で、目を疑う王室文化を目の当たりに!!

一度は訪れてみたい、世界中の女性の憧れとも言えるフランスのヴェルサイユ宮殿!フランス人の美意識に大きな影響を与えたマリー・アントワネットを含め、フランス王室が愛した豪華すぎる文化の象徴ともいえる宮殿の造りは、日本人からすると異次元レベルの豪華さですよね♪

憧れのヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿
そもそも世界遺産でもあるヴェルサイユ宮殿は、パリに代わる新たな都をつくるために、フランス国王・ルイ14世によって建てられた宮殿。バロック建築の代表作ともいえるヴェルサイユ宮殿は、かつては沼地だった場所に土砂が運ばれ、なんと川の流れまで変えるほどの大規模な工事によってつくられたんです!史上最大、且つ史上最高の城を建設するべく、約半世紀という時間が費やされました。
騎馬像
敷地内には、まずルイ14世の騎馬像が厳かに立っており、その先の金色のゲートをくぐって、いざ宮殿内へ!各部屋の名前は、それぞれの天井に描かれているギリシャ神話の神の名にちなんで名付けられています。ではいくつかご紹介すると…

王室礼拝堂(Chapelle de Royal)

王室礼拝堂
マリー・アントワネットとルイ16世が結婚式を挙げた場所として有名!白色と金色で統一された豪華そのものの装飾は、目を疑うばかりです。美しい花嫁マリー・アントワネットを想像すると、胸がときめいちゃいますよね!

鏡の回廊(Galerie des Glaces)

鏡の回廊
豪華なヴェルサイユ宮殿の中でも、最もラグジュアリーなお部屋がコチラ。広い空間の中には大きな窓が17箇所あり、差し込む太陽の光が反対側に配置されている17面の鏡に反射しています。当時は、この部屋の家具類はすべて純銀製だったそうで、絶対的権力をもった“太陽王”ルイ14世にふさわしい豪奢なお部屋。1919年に、第一次世界大戦を終焉させたヴェルサイユ条約が結ばれた部屋もココなんです。

王妃の寝室(Chambre de la Reine)

王妃の寝室
豪華な寝室は、ルイ14世が王妃のマリー・テレーズのためにつくった部屋であり、マリー・テレーズが亡くなった後は、ルイ15世王妃マリー・レクザンスカ、ルイ16世王妃マリー・アントワネットの部屋になりました。マリー・アントワネットもこの部屋で眠っていたと思うと感激!!また歴代のフランス王子もこの部屋で産声をあげています。

プティ・トリアノン(Le Petit Trianon) 

プティトリアノン
また宮殿外にあるプティ・トリアノンは、宮殿から徒歩約17分ほどの距離にある“愛の殿堂”と呼ばれる場所。ココは元々ルイ15世の愛人として知られるポンパドゥール夫人の発案で建てられた場所。その後ルイ16世がマリー・アントワネットにこの館を贈ると、彼女は大変気に入り、こよなく愛したそうです。
庭園
そんな贅沢極まりないヴェルサイユ宮殿敷地内は、メインのヴェルサイユ宮殿の他、離宮のトリアノン宮殿、離宮のドメーヌマリーアントワネット、庭園と区分されています。また庭園内には、馬術・フェンシングなどをたしなむアカデミーの敷地もあるので是非覗いてみましょう♪

ヴェルサイユ宮殿の入場料はコチラです
●入場料一覧
パスポート
 1日券: 18ユーロ
 2日券: 30ユーロ
・敷地内の全施設に入場できるパス(噴水ショー見学も込み。)
・ヴェルサイユ宮殿内11ヶ国語オーディオガイド付き

ヴェルサイユ宮殿
 一般: 15ユーロ
 割引: 13ユーロ /アラス美術館券保有者、国立博物館メンバー、ファミリー会員、Cheques-Vacances
・ヴェルサイユ宮殿内11ヶ国語オーディオガイド付き。

トリアノン宮殿ドメーヌマリーアントワネット
 一般: 10ユーロ
 割引: 6ユーロ /アラス美術館券保有者、国立博物館メンバー、ファミリー会員、Cheques-Vacances

「隠されたヴェルサイユの発見」プライベートスペースのガイド付き見学
 大人: 16ユーロ
 子供: 7ユーロ /10〜17歳、EU圏国籍者の10〜25歳まで。10歳未満は無料。
・仏・英語ガイド、要予約制
・ルイ15世とルイ16世のプライベートルーム、オペラ座、ロワイヤル教会のガイド付き見学

現地のチケットカウンターで購入することも可能ですが、時期によっては長蛇の列になることも…!事前にオンラインで購入すると並ぶ必要もなく、直接入り口に向かうだけで済むのでオススメです。
オンラインチケット予約はコチラ

パリ市内からのアクセスは電車がオススメ。
ちなみにRERのC線「Versailles Rive Gauche」駅まで行くルートとして
・所要時間: 約40分
・予算: 3.5ユーロ/片道(ゾーン4 料金)
・運行: 約15分間隔
・パリ市内から: パリ市内のRERのC線駅より乗車、乗車時に「Versailles Rive Gauche」行きに乗車し終点まで乗るだけ!!駅到着後は、徒歩10分でヴェルサイユ宮殿に到着できちゃいます。

また、パリのエッフェル塔からヴェルサイユ宮殿への送迎を提供しているヴェルサイユ・エキスプレスもオススメ!!
ツアーパックでお好みによってスケジュールを組んじゃう

火曜日から日曜日まで、毎日2便運行しており、8時発(帰還12時30分ごろ)と14時発(帰還18時ごろ)が目安。
乗り場はポールドシュフランPort de la Bourdonnais(エッフェル塔のふもと、パリの観光船Bateaux Parisiensの駐車場)です。

自分で行くのは、チョット…という方には、パリ発着のヴェルサイユ1日観光ツアーパック利用がオススメ!ヴェルサイユ宮殿&トリアノン宮殿を日本語ガイド付きで見学し、グラン・カナルでの豪華なレストランランチもセット!デラックスバスで快適に観光できますよ?。
ヴェルサイユ1日観光ツアーパックをみてみる

ヴェルサイユ宮殿内部
様々な方法で遊びにいけちゃうヴェルサイユ宮殿に、もはや行かないという選択肢はありませんよね!美しきマリー・アントワネットが過ごした豪華すぎる宮殿は、一生に一度は見ておく価値あり。フランス人の美意識の高さに納得せざるを得ない素晴らしい経験が、アナタを待っていますよ?!

Yokito
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。