• 16/10/10
  • トリップ
  • 194views

Yokito

人とは違う特別な旅行がしたいアナタは、今すぐラオスに行くべし!!厳選オススメ観光地4選★

女子旅でも熱狂的なリピーターをもつ東南アジアエリア!その中でも今回のオススメはラオス。象使いの免許が取れることでも知られるラオスは、他の女の子と違う経験がしたいと思っているアナタに、とってもオススメな面白い国。大変興味深い仏教文化や、遺跡、ナイトマーケット、そしてグルメなどの魅力が盛りだくさん。厳選のオススメスポット、ラオスの観光地4選をご紹介しちゃいます♪

ルアンパバーン

ルアンパバーン

ルアンパバーンは、街全体が世界遺産のラオスの都市。たくさんの自然に囲まれ、美しいメコン川や、オレンジ色の屋根の家屋といった、この土地ならではの文化や歴史が今もなお脈々と残っている素敵な場所です。またルアンパバーンでは、他の東南アジアとは違った建築形式が使用されている為、寺院見物もオススメ。代表として「ワットシェントーン」はラオスの寺院の中でも最も美しいと言われています。グルメも豊富で、酒飲みが多いのどかな国の為、実は海外旅行初心者でも安心して遊びにいけちゃうんです。

プーシーの丘

プーシーの丘からの眺め

プーシーの丘は、ルアンパバーン一面を見渡すことのできる絶景スポットとして大人気。ラオスのルアンパバーン市内にある高さ約150メートルほどの丘で、頂上からはメコン川やナムカーン川も一望できちゃいます♪丘を登るまでには、328段の階段を登らなければなりませんが、登り切ってしまえばもう、広がる絶景に言葉を失います。特にオススメの時間帯は、夕方の日が沈む前で、オレンジの夕日に照らされたルアンパバーンの街並みは、感動すること間違いナシ。気軽にいけるので、是非とも訪れてみて下さいね!

ナイトマーケット

ナイトマーケット

Photo credit: Allie_Caulfield via Visualhunt / CC BY

ルアンパバーンのメインストリートでは、毎日夕方になると女の子の大好きなナイトマーケットが始まります!もちろん日中も軽食やランチを楽しめる為オススメなのですが、夕方以降は出店でギッシリ♪伝統民芸品や、アジアン雑貨、服、またフードマーケットなど、買い物好きにはたまらない内容となっています!!またグルメに関しては、屋台の他にメインストリートの脇には、カフェやレストランなどもあるので、ショッピングに疲れたらちょっと休憩もできちゃいます♪ナイトマーケットに行った際には、是非ともルアンパバーンのローカルフードを楽しむのもお忘れなく!代表的なものだと、「カオソイ」というピリ辛ひき肉味噌がのった麺料理や、「サイ・ウア」というラオス風のジューシーなソーセージ、「カオ・チー」と呼ばれる五平餅のような焼き物など様々。どれも日本人の口にピッタリです♪

クアンシーの滝

ルアンパバーンの街並みを十分に満喫したら、次に訪れるべきは郊外にあるクアンシーの滝。バイクタクシー「トゥクトゥク」を利用して、市街地から約一時間ほどで到着できるクアンシーの滝は、森の奥深くにある秘境の滝であり、その美しさは別格!不思議な形をした滝であり、マイナスイオンをたっぷり感じることができます。外国人観光客などは思い思いに滝に飛び込んだり、のんびり滝を眺めながらくつろいでいたりと、今や国外からも人気を集める必見スポット。一度見たら虜になるクアンシーの滝、ラオスに行ったら絶対に訪れてみて下さいね!
クアンシーの滝

ラオスの厳選観光地4選はいかがでしたか??ラオスはカンボジアやベトナムといった東南アジア独特の強い接客や、客引きがない為、本当にのんびりと過ごせる場所。他の人とは違う経験がしたいというアクティブなアナタに、大変オススメできる国となっています。自然と歴史が共存する国、ラオス。次回の女子旅にいかがですか?

Yokito
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。