• 16/10/10
  • トリップ
  • 2,378views

Yokito

どうしよう!!海外で普通に使ってるフリーWiFiに大きな落とし穴があるってホント?!

日々の生活で欠かせないインターネット。見ず知らずの海外の土地ならなおさら、地図や情報チェックの為にも使いたいものですよね!多くの人が利用しているであろうホテルやカフェ、空港でのフリーWiFi。実は使用にあたり危険を伴うものだと知ってましたか?

タブレットでマップを見る女性

Photo via Visual Hunt

このようなフリーWiFiは、多くの場合“暗号化されていない無防備の状態”が多く、緩いセキュリティしかかかっていないために、その通信中の内容を簡単に他人から見られてしまう可能性があります。ちょっと難しい話になりますが、暗号化というのは送信されているデータ情報が“他人に解読されないようになっていること”をいうので、暗号化されてないWiFiを使うと、通信内容が他人に見られてしまう可能性もあるのです。パスワードや、場合によってはクレジットカード情報まで盗まれることも…。

どうしよう!と悩む女性
最近話題になるSNSの乗っ取りなども、こういった手口でパスワードが盗まれているケースが多いです。
見分け方としては暗号化の項目が「None」となっているスポットに接続するのは危険!“暗号化していません”という意味なので注意しましょう。

WiFiを暗号化するイメージ

Photo credit: Gruenewiese86 via Visualhunt.com / CC BY-ND

ここからはどうすればいいのか紹介します!
一番安全な方法としては“日本に設置しておいたVPN機能を持ったルーターに接続する”方法があります。VPN機能を持ったルーターを日本に置いていて、プロパイダーの契約がしてあれば問題なく使え、安全性も高く、短期旅行を定期的に続けていく人には大変オススメの方法。
ただし、ルーターを置くスペースや月額の維持費(1,000円くらいから)が必要となるため、たまに旅行するだけなら逆にコスパは悪いです。

ルーター

Photo credit: yoppy via Visualhunt / CC BY

VPN接続をしないで、海外旅行中どうしてもフリーWiFiを使わないといけないような状況になった時は、「他人に見られてもいい」という内容のもののみ閲覧するように心がけましょう!そしてクレジットカード番号などの個人情報やその他パスワード等の入力・送信は控え、なるべく暗号化が「None」もしくはセキュリティレベルの低い「WEP」以外を使いましょう!

モバイルWiFiルーター

Photo credit: yoppy via VisualHunt.com / CC BY

それでも心配なアナタには、セキュリティ設定がされている海外用モバイルWiFiルーターのレンタルがオススメ。場所を気にせず、1日からでも貸し出しを行っているので、海外旅行の際には是非検討してみて下さいね♪

海外用モバイルWiFiルーターを借りる

安全で快適な旅をお過ごし下さ〜い!!

Yokito
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。