• 16/10/21
  • トリップ
  • 1,069views

Yokito

お得にヨーロッパ旅行したい方必見!!両替するならこの方法が良い◎

ハイセンス女子からの人気が高いヨーロッパ旅行!ヨーロッパに限らず海外旅行に行く際に気になるのが現地通貨への換金。多くの場合が、出発前に必要になりそうな金額を日本円からユーロに換金していくと思いますが、今回はその「ユーロの豆知識&お得な換金方法」についてご紹介しちゃいます!!

ユーロ紙幣

Photo credit: Images_of_Money via VisualHunt.com / CC BY

まずユーロとは、2002年に導入され、現在19加盟国で使用されているヨーロッパの共通通貨です。
加盟国は、こちらの19か国↓
オーストリア、ベルギー、キプロス、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポルトガル、スロヴァキア、スロヴェニア、スペイン。
ユーロ圏
観光に大人気のあの国もこの国も、だいたいユーロを使用しているというワケなんです☆ちなみにユーロは、
紙幣が「5、10、20、50、100、200、500ユーロ札」
硬貨は「1、2、5、10、20、50セント」そして「1、2ユーロ」となっています。
ユーロ硬貨

Photo credit: JWPhotography2012 via Visualhunt.com / CC BY

ヨーロッパ旅行の際は、行き先、期間にもよりけりですが、多めに換金される方がほとんど。クレジットカードを利用できるところも多いですが、セキュリティ面で「なるべく使いたくないなぁ…」というシチュエーションもあるかもしれません。そう考えると、ある程度の現金は用意しておきたいもの。では一体どこで換金するのが一番お得なんでしょうか?
両替のイメージ

Photo credit: Mr ATM via Visual hunt / CC BY

「外貨両替」と考えた時に多くの方がまず思いつくのは銀行。都心部なら多くの場所で外貨両替を行っていますが、実際に銀行でユーロ両替を行う場合、平均的に1ユーロあたり6円程の両替手数料がかかってしまうのが事実。この両替手数料こそが、お得に換金できるかできないかのキーなのです。

両替をするにあたり、チェックしたいのが各場所に提示されている両替レート。銀行や空港などのレートはほぼ同じで、1ユーロあたりを円に換算し、そこに両替手数料が加わったものが提示されています。金額が大きければ大きいほど数円の差も大きくり、銀行だと、両替手数料1ユーロあたり6円として、2,000ユーロ分で12,000円。正直結構な痛手になっちゃいますね。
両替のイメージ
そこでオススメは“金券ショップの店舗両替”。銀行などに比べるとレートは少し安くなっており、両替手数料は1ユーロあたり約4円です。また一部銀行の外貨両替割引クーポンを使って換金することで、お得に両替することも可能!一例がコチラ↓

池田泉州銀行の外貨両替割引券について
http://www.sihd-bk.jp/kojin/service/kaigai/gaika/

買い物のレシート

Photo credit: SFG via Visual hunt / CC BY

また換金する際に重要なのが、紙幣をどういう割合で振り分けるかということ。例えばレストランや美術館、その他観光施設などで使う紙幣は大抵10、20ユーロ札となります。50ユーロ札や100ユーロ札になってくると、場所によってはおつりがないなどの理由で嫌がられたり、治安面でも持ち歩くのは避けた方が無難ということもあります。換金の際には「10ユ―ロ札と20ユーロ札を中心に換金して下さい」と言いましょう!

クレジットカード

Photo credit: frankieleon via Visualhunt / CC BY

また「多めにユーロに換金しておいて、余ったら日本に帰って日本円に換金しよう!」と考えるのは、実は大間違い!旅行後余ったお金を換金する場合、また同じように両替手数料がかかってしまうため、おおよその目安で必要分だけ換金するのがベター☆また日本円に換金する際は紙幣のみとなるので、硬貨は現地でなるべく使い切るようにして下さいね♪大きな金額の買い物は、クレジットカードを使うなどすることで、予算をうまく調整できるはずです!

ユーロ換金については以上のことを念頭に置いて、お得に思いっきりヨーロッパ旅行を楽しんじゃいましょう♪♪

Yokito
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。