• 16/11/14
  • トリップ
  • 1,281views

Yokito

成田からスペインまでひとっ飛び!18年ぶりに直行便が再開したイベリア航空が素敵すぎて早く乗りたい♪

スペインの街並み

Photo credit: elenghan via Visualhunt.com / CC BY

今年の10月19日、スペインのイベリア航空が東京の成田空港(第2ターミナル)、スペインのマドリード間の直行便を開通させました♪スペインといえば観光にグルメと、ヨーロッパでも高い人気を誇る国。18年ぶりの直行便再開とあって、旅行好きの間で話題になっています☆

イベリア航空機

Photo credit: Bernal Saborio G. (berkuspic) via Visual hunt / CC BY-SA

しかも加盟アライアンスがワンワールドということで、JALやアメリカン航空などのマイルを使って特典航空券をゲットすることもできちゃうんです☆
>>アライアンスについての過去記事はコチラ♪

そもそもイベリア航空とは、1927年に設立されたスペインを代表する航空会社。ヨーロッパ諸国やラテンアメリカを結ぶ区間で、80年以上に渡って高い評価を得るサービスを提供しています。

イベリア航空機

Photo credit: Blue Pylons via Visualhunt / CC BY

今回の直行便就航スケジュールはごらんの通り!

東京/成田発(11:20)~マドリード着(17:20)/月・水・土
マドリード発(13:20)~東京/成田着(09:35+1日)/火・金・日

週に3日の運行!飛行時間は直行便のため、少々長めで、成田~マドリード間が約14時間、マドリード~成田間が約13時間となっています。しかし今まで乗り継ぎ等で16時間~30時間もかかっていたことから考えると、ダンゼン短い!!スペイン好きにはたまらない、楽々フライトになりました☆


また今回開通した直行便において使用される機材は、最新の長距離便エアバスA330-200型機と呼ばれるもので、ビジネスクラス19席、エコノミークラス269席の全288席が設置されています。


エコノミークラスの座席では、通路幅が79~81cm、座席内幅は46cm。エンターテインメント用タッチスクリーンは9インチで、さらには充電用USBコネクタも装備されています★また注目のビジネスクラスには、なんと200cmのフラットベッドと、15.4インチものタッチスクリーンを完備!“雲の上のベッドルーム”とも呼ばれるコチラのビジネスクラス、是非とも一度は利用してみたいですよね♪

その他ハイスピードWi-Fiも有料で提供されており、これ以上ない素敵な空の旅が体験できちゃいます☆


もうひとつ気になるのがイベリア航空の機内食ではないでしょうか?!もちろん皆さんのご想像通り、グルメ大国スペインの伝統的な料理が楽しめるようになっており、しかもエコノミークラスからワインが提供されるそうです!スペインの航空会社ならではですね♪


美味しいスペイン料理に、美味しいスペイン産ワイン☆直行便でより身近になったスペインに、アナタもさっそく遊びに行ってみませんか?♪

Yokito
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。