• 16/11/14
  • トリップ
  • 236views

トリドリ編集部

移動中にオーロラ遭遇!?飛行機の中からオーロラが見えるかも?

オーロラが出現する場所は北極圏などの高緯度の場所でないと見ることができません。北米や北欧方面へ行く場合、路線によっては北極圏を通る路線もあるので運が良ければ見るチャンスがあるかも!

ヨーロッパへ行くならフィンエアーで遭遇のチャンス!

sunsunmanさん(@sun1sun2man3)が投稿した写真


夕方発が多いフィンランドから日本の路線で、オーロラを見るチャンスがありますよ!オーロラに遭遇する条件は「冬の時期」、「夜就寝時間頃」、「地上の温度が低温で晴天」、「星空」、「日本に向かって進行方向左側」と全部条件が揃えば遭遇することができます。またロシア上空を飛行中が遭遇のチャンス!また機内が明るいと見られないのでブランケットを頭から被って窓に近づいて見てみましょう!星空が広がってくるとオーロラ出現はまもなく…。

Ashleyさん(@ash__hsu)が投稿した写真


フィンエアーの客室乗務員へいつ見えるか事前に聞いておくと、オーロラが出現したら教えてくれますよ!ロンドンなど欧州の各都市の乗り継ぎとしてフィンエアーを利用すると、お得にオーロラが見れちゃいますね!

北米エリアへの路線も遭遇のチャンスあり!

北米を飛ぶ飛行機のイメージ
日本からニューヨークやカナダ東部へ行く場合は、昼出発で遭遇のチャンス!オーロラが良く見える夜にちょうどアラスカを過ぎてカナダに入るオーロラスポットに突入です。またオーロラが見える座席は北米に向かって進行方向「左側」の席を選びましょう!フィンランドから見える条件と同様「冬の寒い時期」に見えます。夏場は白夜ですし、ジェット気流で航路が南下しているので、見られる可能性は低いです。

コツを押さえてオーロラを撮ってみる?

オーロラ
カメラに収めるのはなかなか難しいのですが、コツを押さえれば写ります。
まず機内の明かりを遮るためにブランケットを被り、窓ガラスにレンズをくっつけISOを400~600くらいに設定。シャッタースピードは長めで数秒の設定にし、ブレないように体で抱え込むように固定して撮影してみてください。三脚が使えない上に振動もあるので、どうしてもブレてしまいますが、根気よく挑戦してみましょう。