• 16/11/27
  • トリップ
  • 95views

トリドリ編集部

乾燥する寒〜い冬…温泉に行くなら、もちろん美肌の湯!気軽に行ける関東「美肌の湯」3選

まず最初にご紹介するのは、箱根・芦之湯で創業300年を誇る旅館「きのくにや」。江戸時代、「箱根七湯」にも記されたという「きのくにや」の自慢は、「自噴硫黄源泉」です。乳白色のお湯は、美肌成分のメタケイ酸を豊富に含んでおり、滑らかな肌へと導く効果があります。また、湯ノ花沢から引湯した「重曹泉」も楽しむことができます。日帰り温泉の利用は、一人1,000円。日によっては日帰り利用ができない場合もありますので、訪れる際は前もってご確認ください。

■きのくにや http://hakone-kinokuniya.co.jp/
 

masaさん(@masa_0628)が投稿した写真

東京にも美肌の湯があるのをご存じでしたか?秋川渓谷の「瀬音の湯」は、宿泊もできる温泉施設です。泉質はアルカリ性単純硫黄温泉。地下1,500mから湧出し、アルカリ度がpH10.1と高いお湯は、美肌の湯として高い効果があります。
内風呂からは大きな窓越しに、四季折々の風景を楽しむことができます。もちろん、露天風呂もありますよ。利用時間は10:00~22:00(受付21:00)、入浴料金は大人3時間900円。お出かけ帰りに利用するのも良いですね。

■瀬音の湯 http://www.seotonoyu.jp/
 

笠嶋さん(@knaesxat)が投稿した写真

東京からアクセスの良い厚木飯山温泉の「元湯旅館」も、美肌の湯として人気です。泉質は全国でもトップレベルのpH11.3の「強アルカリ泉」。皮膚の角質を柔らかくする作用があるため、肌が滑らかになる効果があり、「美人の湯」・「美肌の湯」 と呼ばれています。入浴、食事、客室利用ができる日帰りプランの種類が豊富です。「たぬき伝説」がある厚木の「元湯旅館」ならではの「たぬき風呂」もありますよ。

■元湯旅館 http://www.motoyu.co.jp/