• 16/11/28
  • トリップ
  • 124views

トリドリ編集部

クライマックス直前!大河ドラマ『真田丸』今こそ訪ねたい真田ゆかりの地に滾ってくる!

2016年の大河ドラマ『真田丸』。堺雅人が熱演する真田幸村(信繁)が好評を得ています。大河ドラマらしからぬ軽妙で巧妙な脚本は、三谷幸喜脚本ならでは!そんな『真田丸』ゆかりの地を訪ね、真田幸村の足跡を感じてみませんか。

真田の里!幸村が生まれ育った「上田城」

上田城
上田城は、真田幸村の父、真田昌幸が築き、まだ信繁と名乗っていた真田幸村が、兄信幸共々生まれ育った場所です。2回起こった徳川家との戦い「上田合戦」では徳川軍に対し、2回とも兵の数では負けていたが見事撃退しています。ドラマではどちらの合戦も昌幸の用いる奇策に翻弄される家康の姿がコミカルに描かれるなど、『真田丸』の見せ場になっています。やっぱりどの時代もジャイアントキリングってかっこいいですよね。最寄り駅は、JR・しなの鐵道・上田電鉄各上田駅で徒歩14分。
上田城跡公園内にある「信州上田真田丸大河ドラマ館」は『真田丸』を記念し、ストーリーに沿っての歴史の流れや、実際に撮影に使用した美術セットなどの展示が好評ですが、2017/1/15にクローズしてしまいますのでご注意ください!

■上田城
・住所:〒386-0026 長野県上田市二の丸6263番地イ
・営業時間:午前8時~午後5時(入館は4:30まで)
・定休日:4~7月、11月毎週水曜日、祝祭日の翌日8~10月無休12月~3月閉館
・電話番号:0268-23-5134
・HP:http://www.ueda-cb.gr.jp/uedajo/index.html
 

真田家試練の時、真田昌幸が最期を遂げた「九度山」


関ヶ原の戦いで“どちらが負けても真田が残る様に”と、徳川の臣従になった信幸と、豊臣についた幸村は兄弟ながら敵となり戦った。ドラマ本編では真田家が登場しないことからさくっと終わってしまった関ヶ原について「超高速関ヶ原」「1分で終わる関ヶ原」などとTwitter上を騒がせたのもちょっと懐かしい。負けることとなった豊臣家の家臣であった幸村と昌幸ら真田家が「九度山」に流罪となったことで有名な町です。和歌山県九度山町にある善名称院は、幸村が蟄居した屋敷と伝えられている場所で、真田庵と呼ばれています。アクセスは南海高野線・九度山駅から徒歩10分。付近のお土産屋には真田を象徴する赤い「幸村タオル」、ドラマでも登場した「真田紐」が販売されています。

■善名称院(真田庵)
・住所:〒648-0101和歌山県伊都郡九度山町九度山1413
・営業時間:9:00~16:00
・定休日:なし
・電話番号:0736-54-2218
・HP:http://www.kudoyama-kanko.jp/midokoro/spot01.html
 

幸村が本領発揮!飛躍し戦った「大阪城」

大阪城
豊臣秀吉の人質として入城した幸村が、同時代の武将たちに揉まれ関ヶ原の合戦まで過ごした城です。大阪城では秀吉をはじめ寧々や茶々など豊臣家の家臣となり、秀吉の生き様をその目で見届けました。秀吉の最期には、まだ幼かった秀吉の息子である秀頼のことを頼まれたと言われています。
その後関ヶ原での敗北から九度山での13年間の蟄居生活を経て再び大阪城に戻り、今度は秀頼の為に戦う事になりました。本編ではまたも三谷脚本の小気味よさが遺憾なく発揮されていて毎週楽しみすぎるので、終わってほしくないですね…。
大阪城への最寄り駅は、大阪城公園駅や谷町四丁目駅など4駅が圏内になります。一番のおすすめは正門にあたる大手門に一番近い地下鉄谷町線・谷町四丁目駅。

■大阪城
・住所:〒540-0002 大阪府大阪市中央区大阪城1-1
・営業時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
・定休日:12月28日から1月1日
・電話番号:06-6941-3044
・HP:http://www.osakacastle.net/
 

これからクライマックスを迎える『真田丸』は残すところあと4話。
年明け最初のおでかけは真田熱の冷めないうちにゆかりの土地へ行ってみませんか?