• 16/12/04
  • トリップ
  • 1,299views

トリドリ編集部

人気ドラマ“逃げ恥”で話題沸騰!山口県の名物「瓦そば」を食べてみたい!

「瓦そば」は、熱した瓦の上に茶そば、その上に卵や肉を乗せたもの。

パリパリのおこげがついたそばを、もみじおろしやレモンと一緒に、あたたかいつゆにつけて食べます。

山口県内に数多くある「瓦そば」の店から、名店と言われる店をご紹介しましょう。

瓦そば誕生の店で、こだわりの味を

元祖瓦そばたかせ

創立者である高瀬慎一氏が、西南の役で薩摩の兵士が瓦を用いて肉などを焼いて食べたという話を元に考案した「瓦そば」。

その「元祖瓦そばたかせ」の瓦そばは、京都の高級宇治抹茶を練り込んだ茶そばの上に、牛肉、錦糸卵、海苔、もみじおろし、レモン、ねぎが乗っています。

香りと甘味が日本一とも言われる下関安岡産ねぎと、味・色・艶・香りとも申し分ない山口県宇部の海苔を使用。

自慢のつゆは、かつおと昆布をたっぷり使い、少し甘めの上品で奥ゆきのある味わいです。

■元祖瓦そばたかせ 本館

・住所:山口県下関市豊浦町大字川棚5437

・営業時間:11:00~20:00(最終受付19:30)

・定休日:木曜日、金曜日(祝日の場合は営業)

・電話番号:083-772-2680(代表)

・HP:http://www.kawarasoba.jp/

 

川棚温泉に入って、瓦そばを食べよう!

@hiromiya195が投稿した写真

川棚温泉の名物ともなっている「瓦そば」。

川棚グランドホテル内にある「瓦そば本店 お多福」では、牛肉のトッピング以外に、えび天、ふく天、いか天、とり天が選べます。

また、瓦そばだけでは物足りないと言う人には、定食や丼セットもあります。

お子さま用瓦そばや、瓦そばランチなど、メニューも豊富。

食事と入浴がセットになったプランや、お持ち帰り瓦そばもあります。

■瓦そば本店 お多福

・住所:山口県下関市豊浦町川棚4912-1 川棚グランドホテル

・営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30)

・定休日:水曜日

・電話番号:083-774-1111

・HP:http://www.kgh-otafuku.co.jp/restaurant/otafuku.html

 

居酒屋で山口名物に舌鼓を打とう!

py1024さん(@py1024)が投稿した写真

「瓦そば」は、居酒屋でも人気のメニュー。

名物店主の上田一成氏が、「山口県の内外にその魅力を伝える」ことをモットーに切り盛りする居酒屋が「長州屋」です。

流通コンサルタントや水産・食肉加工業で培った繋がりを元に、山口県産の食材を一堂に集結させています。

その中で、ぜひ食べてもらいたいメニューのベスト3に入っているという「瓦そば」。

美味しいお酒と共に味わってみてはいかが?

■長州屋 湯田店

・住所:山口県山口市湯田温泉4-1-7

・営業時間:11:00~00:00

・定休日:無休

・電話番号:083-923-1678

 

山口県を訪れたら、行ってみたい「角島大橋」

おしゅ~さん(@oshu_)が投稿した写真

山口県のソウルフードを堪能したら、ぜひ行ってみたいスポットがここ!「角島大橋」です。

角島は山口県の北西、日本海に浮かぶ人口900人あまりの島。

2000年の角島大橋の完成に伴い、山口県を代表する人気観光スポットとなりました。

角島を含めた山口県北部の海岸線は、北長門海岸国定公園として指定されており、たくさんの観光客が訪れています。

■角島大橋

・住所:山口県下関市豊北町大字神田~角島