• 2016年12月5日更新
  • Yokito

アクティブ女子必見!!海外のユースホステルを利用して、リーズナブルに特別な想い出を作っちゃおう♪

ホステルこっち

海外旅行は、行き先によっては航空券代だけでも結構な金額に…。プラス現地での食費、観光にかかる費用、宿泊費となると、どこか節約できないかなぁ?と頭を悩ませますよね。でも、宿泊費の安いホテルを選ぶと、市内から程遠い場所にあったり…。

ユースホステルがオススメな理由

カラフルなユースホステル

そこでオススメなのは、現地のユースホステル!市内中心地にも数多くあり、通常のホテルに比べて格安で泊まることができます。“1日中観光を楽しんで、宿には寝に帰るだけ!”という方にはまさにオススメ!では実際に海外のユースホステルがどうなっているのかご紹介していきましょう♪
共同シャワー

まず気になるそのお値段ですが、ドイツのベルリンの中心地でも一泊10ユーロ程度。地域にもよりますが、ヨーロッパなら10~20ユーロ程度となっています。ユースホステルはシャワーやトイレを共同で使うことが多く、部屋のタイプは4人部屋や多くて8人部屋などが基本。男女同室のタイプもありますが、ちゃんと選択できるのでご安心を♪部屋をシェアすることで、世界中から来た若者と仲良くなれるチャンスがたくさんありますよっ!!

ユースホステルに泊まるなら気をつけておきたいことって?

Avehotelsさん(@avehotels)が投稿した写真


格安で魅力たっぷりなユースホステルに泊まる際には、いくつかアイテムを持参する必要があります。まずはチェックインの際、予約確認ができる予約完了画面を印刷した用紙があると安心!海外のユースホステルは予約管理の方法が様々で、場合によっては当日「名前がない…」なんて可能性も考えられます。予約完了画面をプリントアウトしておくことでその場で確認ができるので、忘れずに持参しましょう◎

HI Sloveniaさん(@hislovenia)が投稿した写真

ホテルと違ってアメニティ類が用意されていないので、洗面用具やドライヤーなどは必須!また室内は基本土足なので、シャワーに行く際に使う濡れても大丈夫なビーチサンダルは重宝します★タオル類も自分で用意しないといけないので、バスタオル・フェイスタオルは最低限持っていきましょう!

Brittaさん(@fotobuffy)が投稿した写真

その他ヨーロッパの寒い地域などでは、室内の暖房が効き過ぎていることもあります。臨機応変に調節できるよう薄手のパジャマや、逆に寒さに備えて羽織りものも持っていくと重宝しますよ★ではさっそく2つほどヨーロッパのオススメユースホステルについてご紹介いたします♪

オススメのユースホステル紹介!

Euro Youth Hostel(ドイツ・ミュンヘン)

何でも揃っている言うことナシのユースホステルが、コチラのEuro Youth Hostel!室内も大変キレイで、各部屋にシャワーとトイレまで付いているんですっ★立地条件もミュンヘン中央駅から歩いて3分と近く、重い荷物を長時間運ぶ必要がありません!設備としては、Wi-Fi、パソコン(有料)、ロッカー、洗濯機、バー、朝食(有料)、お茶類(無料)などなど。優良ですがレンタサイクルもあるので観光にも便利です!料金はドミトリータイプで15ユーロ(約1890円)から。まさにユースホステルの魅力が詰まった施設です♪


Sir Toby’s Hostel (チェコ・プラハ)

プラハのオススメユースホステルはコチラ!親日派のスタッフが多く、快くアナタを迎えてくれます♪無料のディナーパーティーやイベントなども開催されており、外国人の友達作りに超オススメ!!近くにはスーパーなどもあり、キッチンを使って料理することもできますよ☆設備としてはWi-Fi、パソコン(有料)、キッチン、バー、朝食(有料)、ロッカー、観光マップサービスなど!驚くべきはそのお値段で、ドミトリータイプなら169チェココルナ(約845円)~と、超格安☆もう行くしかありません♪

ユースホステルで特別な想い出を作ってみる?

魅力でいっぱいのユースホステル。注意事項としては、やはり共同部屋なので貴重品の管理。また場所によっては夜にドアロックがかかるところもあるので、門限がないかも確認しておきましょう!

宿泊費を抑えられて、さらには外国人の友達もできるユースホステル。ホテルでは経験できない特別な想い出になること間違いありません♪気にはなっていたけど、未体験のアナタ!次の海外旅行はユースホステルを使ってお得に楽しんじゃいましょう♪

※情報は記事公開日時点のものになります。
Yokito
Yokito

大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も”人生は旅である”と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。