• 2016年12月5日 更新
  • 108views

トリドリ編集部

幻想的な灯りの世界、長崎ランタンフェスティバルへ行ってみませんか?

初めての人必見!長崎ランタンフェスティバルを詳しく知ろう。


「長崎ランタンフェスティバル」は長崎の中華街の人々が旧正月をお祝いしていたことが起源のイベントです。1994年に規模を大きくしてから全国的に有名になりました。街は約1万5千個の中国提灯(ランタン)で彩られ、異国情緒溢れる幻想的な世界を作り上げています。今では15日間で100万人を超える人が訪れる、盛大なお祭りです。

・開催期間:2017 1/28~2/11
・会場:新地中華街、中央公園、浜んまち、興福寺、鍛治市、唐人屋敷、孔子廟
・アクセス:新地中華街までは路面電車で市電築町電停下車、徒歩2分
※会場は混雑するので車で行く場合は、パークライド駐車場をおすすめします。

観て、体験して、楽しもう!中国の歴史を感じる見どころはこちら!

omomisutaさん(@omomisuta)が投稿した写真


鮮やかに飾られたランタンやオブジェだけでなく、期間中は様々なイベントがあります。中国の神事である迫力満点の龍踊り、アクロバテックな技に息を呑む中国雑伎、美しい音色と幅広い選曲で人々を魅了する二胡演奏、早技に歓声が上がる中国の伝統芸能のひとつ変面ショーなど、中国の歴史や文化を感じることのできるイベントが毎日開催されています。他にも、会場を巡って豪華賞品にチャレンジできるスタンプラリーや、ランタンを手作りできるコーナーなどがあり、大人から子供まで楽しめます。

魅力を余すところなく楽しめる、おすすめのコースを紹介!

masami chikitaさん(@m314c)が投稿した写真


湊公園
メインの干支のオブジェに圧倒され、二胡や龍踊りのステージも楽しめます。

↓徒歩5分

唐戸屋敷跡
貿易のために中国から来た人たちが滞在していた屋敷で、ノスタルジックな町並みを散策しましょう!

↓徒歩5分

新地中華街
出店も多く並んでいるので、お腹も満たされます!

↓徒歩15分

崇福寺
日本最古の唐寺もランタンで幻想的な姿に変身!

↓徒歩12分

中央公園
ランタンや動物のオブジェが並び、子供にも人気です。

↓徒歩5分

中島川公園
長崎で有名な眼鏡橋がある場所で、ここだけ黄色のランタンが飾られており、他とは違った雰囲気を楽しめます。

グラバー園
夜は長崎市内に宿泊して、次の日は出島やグラバー園などの市内観光もおすすめですよ!

■長崎ランタンフェスティバル
・住所:長崎県長崎市新地中華街、観光通りアーケード、中央公園 他
・営業時間:2017年1月28日(土)~2月11日(土)
※1月27日(金)大みそか(前夜祭)開催
・電話番号:095-822-8888 (長崎市コールセンターあじさいコール)
・HP:http://www.at-nagasaki.jp/festival/lantern/
※情報は記事公開日時点のものになります。