• 16.12.08 更新
  • 338views

Yokito

諦めていた人だってチャンス有り!!オーストラリアでのワーホリが、35歳まで参加できるようになります♪

オーストラリア海岸街
「ワーホリかぁ、いつかは行きたいなぁ」そう思いながら過ごしていたら、気づいた時には年齢制限オーバーで行けなくなってしまっていた…と、ワーホリを諦めたアナタ!今回オーストラリアのワーホリに関するルールが改定され、2017年1月より、年齢制限が30歳から35歳へと引き上げられることになりました♪これは諦めていた方にも、チャンスです☆早速その改定点について確認していきましょう!!

課税率が一律19%になったことによる、年齢制限の改定


まず年齢制限変更の理由には、課税率の改定が大きく関わっています。以前までオーストラリアのワーホリでは、年間の所得、計18,200ドル以下は課税の対象になりませんでした。しかし2017年以降は、0~37,000ドルに対して一律19%の課税が決定。結果、ワーホリ参加者の減少が懸念され、年齢制限を35歳まで引き上げることが決定しました。ワーホリで37,000ドル(約280万円)以上稼ぐ方はいないと思いますが、この額を超えた際は「累進課税(所得に応じて税率が変わる)制度」が用いられることになります。

さらに嬉しい!ビザ申請費用が50ドル減額!

Yui Yokoyamaさん(@yui__0313)が投稿した写真


また、さらなるルールの変更点として、ワーホリビザ申請費用の減額があります。現在の金額440ドルから50ドル減額され、390ドルになりました♪年齢制限変更をチャンスに、ワーホリに挑戦しようと思ってる方には、実に嬉しい変更点☆オーストラリアでワーホリするなら、絶対今がチャンスです♪

出国税を5ドル値上げ!

Yui Yokoyamaさん(@yui__0313)が投稿した写真


今回変更された点として、もうひとつ。出国税が値上がりしました。これはオーストラリアから出る際に払う税金のことで、2017年以降現在の金額に5ドルが上乗せされるそうです!ですが、5ドルならば日本円で400円くらいなので、あまり気にする必要はなさそうですね☆

ワーホリ実施国の中で、唯一35歳まで参加可能となったオーストラリア!もうこれは諦めていた人へのメッセージなのかもしれません♪素敵な経験になること間違いナシのワーホリ!思い立ったが吉日ですよ◎
詳しくは日本ワーキング・ホリデー協会の公式サイトをチェック!

※情報は記事公開日時点のものになります。
Yokito
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。