じわじわ来ている「グラスフェッドバター」海外旅行にお土産に安くゲット!

今話題の食品、グラスフェッドバター。海外旅行のお土産としても喜ばれる食品です。どんなふうに体に良いのか、海外で購入するとどのくらいなのか、グラスフェッドバターについて探ってみましょう。

美容と健康にいい!グラスフェッドバターってどんな食品?

バターのイメージ画像
牧草だけを食べた放牧牛からとれる牛乳のみを使って作られたバターのことを「グラスフェッドバター」と言います。塩分は通常のバターよりも低く、抗酸化作用もあると言われ、美容にも良いと注目を集めているバターです。
2015年に発売されたアメリカの起業家、デイヴ・アスプリー氏が自らの体験をもとに編み出した独自のメソッド『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』で取り上げられて一気に日本での知名度が上がりました。

話題になったバターコーヒーってどんなもの?


書籍によると、朝食をオーガニックコーヒーとグラスフェッドバター(無塩)10gをブレンダーで撹拌した「バターコーヒー」一杯に置き換えることで、腹持ちがよく空腹感を感じずにお昼まで過ごせるだけでなく、食べ過ぎによる倦怠感を回避してパフォーマンスの向上すら感じるとのこと。さらにダイエット中不足しがちな油分を、良質なオイルから摂る事による肌や髪へのうるおいもばっちりケアできるなど、まさに“最強の食事”ということが紹介されています。コーヒーにバターなんて合うの?と少し戸惑いますが、ブレンダーで撹拌するのがバターコーヒーのポイント。正しく作るとクリーミーなラテのような飲み口で、バターがたくさん入っているような油っこさを不思議と感じないんです。

日本と海外では価格の違いはあるの?


日本では輸入食材の品揃えのいいスーパーで時折見かけます。価格はよくスーパーでみかけるサイズのもので2500円はくだらないほどで、デイリーユースには腰がひける値段です。フランス産やニュージーランド産のものが主流で、日本のバターとは違うおしゃれなパッケージが素敵です。
ショッピングのイメージ画像
海外で購入すると国やものによって差はありますが、なんと400円前後で購入できるので、断然海外で購入したほうがお得です!お土産としても人気なので、海外旅行に行ったらぜひ持ち帰りたいですよね?その際は、保冷バックをあらかじめ持参し、現地でバターと一緒に冷凍食品などを購入すると保冷材代わりになりますよ。夏場ではなく、比較的涼しい時期に行くと持ち帰りやすいでしょう。海外旅行に行ったら、お得にグラスフェッドバターをゲットしてくださいね。

※情報は記事公開日時点のものになります。