トリドリ編集部

海外でも話題!庭園日本一に輝く足立美術館で出会える絵画のような絶景

アメリカの庭園雑誌で日本一と紹介されている庭園が、島根県にあります。横山大観の作品を多く収集していることでも有名な足立美術館。その魅力はなんと言っても、四季の美しさが輝く庭園と横山大観作品との見事な調和。海外でも注目される魅力をたっぷりご紹介します!

納得の日本一!目の前に広がる絶景は絵画のような美しさ

足立美術館 枯山水庭

Photo credit: kagawa_ymg via Visual hunt / CC BY

アメリカ雑誌で13年連続日本一の庭園に選ばれた足立美術館は、島根県安来市にあります。東京からは飛行機でのアクセスが便利。米子空港から米子駅までバスで移動後、美術館の最寄駅である安来駅まで移動して無料シャトルバスで20分ほどです。新館では展示替えによる休館日がありますが、庭園を眺めることのできる本館は年中無休。開館は9時から、夏季は17時半まで、冬季は17時までとなっています。入館料は大人2,300円となっておりクレジットカードも使用可能です。

色づいた庭園は息をのむ美しさ


足立美術館の創立者は、四季の美に触れてほしいという願いのもと、日本庭園と横山大観の作品の調和を思い描いて足立美術館を創設しました。その願いは見事に庭園の中に息づき、季節ごとに美しい姿を見せてくれますよ。一度訪れた人は必ず、違う季節にもう一度訪れたくなるそう。秋には緑がきれいに色づき、寒さ厳しい冬への移り変わりを楽しめます。館内を歩いていくと絵画を一枚ずつ眺めているような絶景が次々と現れ、ため息が漏れるほどの美しさに魅了されること間違いなし!

寒さ忘れる美しさの雪化粧姿

@yasue0110が投稿した写真


山陰地方は冬になると積雪が見られ、足立美術館の庭園でも雪化粧をしている姿が見られます。初夏の新緑や秋の紅葉とはまた違った、ここでしか見られない冬の庭園が見ることができるとあって、厳しい寒さの中でも訪れる人が後を絶ちません。一年を通して何度も訪れたくなる足立美術館は、時間をかけてでも一度訪れてみる価値あり!「日本一の庭園」にきっと納得するはずですよ。

■足立美術館
・住所:〒692‐0064 島根県安来市古川町320
・営業時間:10月-3月 9:00〜17:00
・定休日:年中無休
・電話番号:0854-28-7111 
・HP:https://www.adachi-museum.or.jp/
 

※情報は記事公開日時点のものになります。