• 16/12/19
  • トリップ
  • 609views

トリドリ編集部

飛行機内の湿度はたったの20%!長時間フライトで乾燥からお肌を守るための持ち込みアイテム8選!

飛行機は湿度たった20%の乾燥地帯

砂漠の様に感想した様子
海外旅行で大変なことと言えば、なんと言っても往復の長時間フライト。アメリカやヨーロッパに行くときは10時間を超えるフライトになることもザラにあります。それなのに、飛行中の機内の湿度は通常の3分の1の20%程度しかないそうです。こんな乾燥地帯に10時間も20時間も居続けるのは大変です。せっかくの海外旅行が出発から台無しになるなんて悲しすぎますよね。
そこで、機内へ持ち込める範囲内の乾燥対策アイテムをご紹介します。

①クレンジングシート

アネさん(@kyo2016915)が投稿した写真


機内の洗面台で化粧を落とすのは気が引けてしまうので、なかなかできません。そこでオイルタイプのしっかりクレンジングシートでマスカラなどを落とし、水性のクレンジングで残りのメイクを落としましょう。席に座ったままできるのでクレンジングシートは必需品です。

②マスク

マスク
マスクはマスクでも保湿に特化したマスクなら、長時間の保湿効果が期待できるうえに、顔を広範囲にカバーしてくれるため、すっぴんを見られたくないという人にも好都合です。

③マルチバーム

うさこさん(@usakocosme)が投稿した写真


最近ナチュラルスキンケアとして話題のバームですが、その中でも天然植物由来のバームは全身に使えるマルチバームとして注目されています。マスクと併せて使えば保湿効果を高めてくれます。メイク崩れを防ぐ効果もあるというからまさに万能のスキンケア。普段から持ち歩けば冬場の乾燥対策にもなるのでオススメです。

④日焼け止め

日焼けどめ
もしバームが手に入らない場合でも大丈夫。保湿力の高い日焼け止めを塗れば、乾燥だけでなく、機内のホコリなどからもお肌を守ってくれます。さらにリゾート地に行くときならそのまま日焼け止めとして機能しますので、飛行機を降りてから慌てて「日焼け止めクリームを塗らないと!」ということも防げます。

※情報は記事公開日時点のものになります。
1 2