• 16/12/19
  • トリップ
  • 180views

トリドリ編集部

お役所風の外観からは想像できないほど美しい内部のステンドグラス!サント・シャペルに行こう♪

1248年に建てられたサント・シャペルでは、パリ最古のステンドグラスを楽しむことができます。また、毎晩教会で開かれているコンサートは聴きに行く価値の高いものです。サント・シャペルの歴史や見どころをご紹介します♪

太陽の光で七変化するステンドグラスは圧巻の美しさ!

Yuki Shimuraさん(@yukitorres)が投稿した写真


サント・シャペルは、ルイ9世が集めたキリストの聖遺物を納め礼拝するため建てられました。フランス革命期は行政の事務所として使われ、現在は歴史的建造物として保管されています。礼拝堂は2フロアに分かれおり、小さならせん階段を上った上階にステンドグラスが。オペラグラスで見ると、旧約聖書が描かれたステンドグラスの図柄の繊細さに驚かされるでしょう。時間帯によってステンドグラスの見え方が変わるので、日に何度も訪れてみてはいかがでしょうか?

ステンドグラスに囲まれた神秘的なコンサートの世界

コンサート
サント・シャペルでは年間を通して夜間にクラシックコンサートを開催しています。パリ最古の美しいステンドグラスに囲まれた礼拝堂内は、高さ15m以上にも及ぶ特殊な空間。コンサートホールとは違う教会内の音響を楽しむことができます。夜のステンドグラスもまた美しく、200席ほどの少人数で、色と音に包まれた神秘的なコンサートを体験することができるでしょう。コンサートは1時間程度で、期間によって講演するアーティストや楽団が変わるので、何度も訪れて楽しむのも良いですね♪

■サント・シャペル
・住所: 4, boulevard du Palais 75001 Paris
・営業時間: 9:30~18:00/11月~2月は9:00~17:00まで(※窓口は閉館30分前に閉まる)
・定休日:1月1日、5月1日、12月25日
・電話番号:01 53 40 60 80
・入場料:大人8.5€/18歳以下未満無料
 

※情報は記事公開日時点のものになります。