トリドリ編集部

水道水が飲めるのはたった15カ国!海外旅行へ行く前に確認しておきたい世界の水道事情

水道水
日本国内では当たり前のように、水道水を飲んだり料理に使ったりと活用していますよね。でも世界に目を向ければ、水道水が飲める国はほんのひと握り。正しい知識を身につけ、海外でも安全な水を確保できるようにしましょう。

ヨーロッパの国々は水道水の水質が良い

北欧の水

Photo credit: *saipal via VisualHunt.com / CC BY

水道水がそのまま飲める15カ国の、半分以上を占めているのがヨーロッパの国々。日本でも人気のあるミネラルウォーターに目を向けても、ヨーロッパ原産のものが多くみられます。水道水を直接飲んでも問題ないとされているヨーロッパの国は、以下の9か国です。フィンランド・スウェーデン・アイスランド・アイルランド・ドイツ・オーストリア・クロアチア・スロベニア・スイス。この9か国は、高い品質の水道水が飲めると言われています。しかし、海外であることには変わりないので、心配な方はペットボトルに入っているミネラルウォーターを購入するようにしましょう。その際、国によっては炭酸水しか売っていないようなところもあるので、ノンガス表示があるかどうかをきちんと確認すると安心です。

日本人が飲むには煮沸が必要な場合も

ドバイ
ヨーロッパ以外にも、ドバイで有名なアラブ首長国連邦や南アフリカ、オーストラリアなど、水道水を直接飲んでも問題ないとしている国があります。ドバイの水道水は、WHOのガイドラインにも沿った高品質の水。海水を淡水化したものが蛇口から出るようになっており、安心して飲めると言われています。しかし、南アフリカの水道水は外務省からも煮沸がすすめられているほど。きちんと整備されているとはいえ、日本人の体質に合わない場合もあるので、安心して水道水を飲むには念のため加熱殺菌することをおすすめします。オーストラリアの水道水もそのまま飲める品質ではあるものの、現地では浄水器をつけている家庭がほとんど。日本と海外は違うということを念頭において、正しく水道水を活用しましょう。

※情報は記事公開日時点のものになります。