• 16.12.22 更新
  • 165views

トリドリ編集部

コツコツ貯めたマイレージで特典航空券をGETしよう!〈国内編〉

日々の生活の中で貯めることができる航空マイレージ(通称:マイル)。このマイルって、一体どれくらいあればどこまで行けるかご存知ですか!?今回は、羽田発の国内主要都市の特典航空券に交換するには何マイル必要なのか、ANAとJALに絞ってご紹介します。

特典航空券は出発日によって必要マイル数が変わる

飛行機 イメージ
まず必要マイル数を算出するにあたって欠かせないのが出発日。これはANA、JAL共通していることですが、ANAでは1年間をローシーズン(いわゆる閑散期:後述はLと記載)、ハイシーズン(いわゆる繁忙期:後述はHと記載) 、レギュラーシーズン(いわゆる通常期:後述はRと記載)の3つに、JALでは通常期とディスカウントマイル期の2つに区切り、それぞれのシーズン毎に必要なマイル数が変わります。シーズンの期間は毎年異なりますが、だいたいANAのLは正月明けから1月下旬、4月上旬から下旬、12月上旬から下旬となっています。Hは年末年始、お盆、春休みにあたる3月中旬から下旬、GWのあたり(ただし特典航空券使用不可の日にちもあるので注意!)、Rはそれ以外の期間。JALのディスカウントマイル期は2016年12月現在、12月〜2月末(除外日あり)、4月〜5月末(除外日あり)です。(詳細は各社HPに記載あり)
また、JALカード割引では、更に500マイルが割引されます。(片道のみの利用は対象外)
それでは実際に必要なマイル数を見ていきましょう。

※以下に記載しているのは、羽田から片道の必要マイル数です。

札幌

大通り公園
■ANAの場合
ANAはL期間で6,000マイル、R期間が7,500マイル、H期間が9,000マイルです。

■JALの場合
JALでは通常期が2017年3月末までの申込みで8,500マイル、4月以降は7,500マイル、ディスカウントマイル期は6,000マイル。後述の方面でも同様ですが、クラスJを希望の場合は片道2,000マイルが追加となります。
 

沖縄

首里城
■ANAの場合
ANAはL期間7,000マイル、R期間9,000マイル、H期間は10,500マイル必要。

■JALの場合
JALでは通常期が2017年3月末までは8,500マイル、4月以降は7,500マイル、ディスカウントマイル期は6,000マイルです。
 

福岡

福岡市 夜景
福岡までは、ANA、JALとも必要マイル数がなんと札幌と両社とも同じなんです。なので札幌の欄をご参考にして下さい。
 

大阪

大阪 新世界
■ANAの場合
ANAはL期間が5,000マイル、R期間は6,000マイル、H期間は7,500マイル必要です。

■JALの場合
JALでは通常期が2017年3月末までは7,000マイル、4月以降は6,000マイル、ディスカウントマイル期は5,000マイルです。
 

特典航空券の注意点

特典航空券を利用する上でいくつか注意点があります。利用できる人は会員本人と配偶者、同性パートナー(ANA)、義兄弟姉妹の配偶者(JAL)、2親等以内の親族まで。航空券引き換えの際に必要マイル数がきちんとある事はもちろん、航空券に有効期限がある事もお忘れなく(ANAは発行翌日から90日、JALは予約便に限りますが、マイル引き落とし完了日の翌日から数えて90日間有効です。)。また、家族や友人とマイルを合算する事は不可(各社家族プログラムに登録している場合は別)ですし、特典航空券でのキャンセル待ちは出来ません。申し込んだ後に特典航空券を使わなかった場合、ANAはマイル返還や他の特典との交換不可、JALは可能ですが有料です(余談ですがANAの国際航空券にはアップグレード特典があり、その場合は未使用特典の払戻サービス有)。詳細は会社ごとに異なるので、HPをよくご覧になって下さいね。

■ANA国内特典航空券
HP:http://www.ana.co.jp/amc/reference/tukau/award/dom/usage.html#a01
 
■JALグループ国内特典航空券
HP:https://www.jal.co.jp/jalmile/use/jal/dom/

海外のマイレージについてはこちらをチェック♪
コツコツ貯めたマイレージで特典航空券をGETしよう!〈海外編〉>>

※情報は記事公開日時点のものになります。