• 17/01/09
  • トリップ
  • 3,577views

トリドリ編集部

日本では考えられない!ヨーロッパのスリ事情と旅行時のスリ対策

イギリス・フランス・ドイツ・イタリアなど、1年を通して人気の高いヨーロッパ地方。ヨーロッパへ旅行するために頑張って働いている…という方も少なくないのではありませんか?そこで、今回はヨーロッパで実際に起きているスリや犯罪の事実、その対策についてご紹介いたします。

ヨーロッパで実際にあったスリ体験談


ロンドンに行った時の実際に合ったスリ体験です。カバンを大事に膝抱っこして夜の地下鉄に乗り、ウトウト寝てしまって起きたら、カバンがナイフで切られていました。財布や大事なものはカバンの奥底にあったので無事でしたが、切られている最中に気付いていたらその方がゾッとするなという気持ちになりました。その他には、iPhoneで調べ物をしながらのんびり歩いていたら、自転車に乗った少年にすごいスピードで取られた経験も。iPhoneは、どこの国でも高く売れるそうです。

未然にスリを防ぐスリ対策

財布をすられる女性
スリを未然に防ぐ対処法は、携帯や財布など大切なものは人から見える場所に置かないこと。カバンも簡単に切れないような素材を選び、街中で携帯を使う時は、身体の近くで持ち、取られないように気をつけましょう。ヨーロッパのスリは、少年や成人男性だけでなく少女のグループや子どもにも多く、相手が女の子でも大人数で囲まれたら泣く泣く取られるしかないので油断は大敵です。ですが、私が旅行でヨーロッパに行った際、階段が多い地下鉄でトランクケースを運んでくれる紳士にたくさん出会いました。しっかり対策をして行けば、楽しい旅行になることは、間違いないですよ!

※情報は記事公開日時点のものになります。