日本ってこんなにカラフルだったんだ!イロトリドリの景色を紹介~1月編~

トリドリ編集部から読者の皆様に向けて、毎月16日は色(16)の日に掛けて“イロトリドリの日”といたしまして、毎月の誕生石のカラーにちなんだ観光地やおでかけスポットを紹介していきますね♪ぜひ旅行やおでかけの参考にしてください♪

1月のテーマは「ガーネット」

ガーネットの原石

Photo credit: jaja_1985 via VisualHunt.com / CC BY

赤のイメージの強いガーネットは、実は青色以外なら何色にもなれる宝石。古くから「友情」や「忠実」などの宝石言葉を持ち、愛されてきた特別な宝石です。また、「旅人のお守り」として十字軍の兵士が身につけていたそうですよ。今回は1月らしく赤や朱色、華やかなピンクの風景を集めました。

伏見稲荷大社の千本鳥居

✿藍✿さん(@aibon_721)が投稿した写真


力強さを感じる情熱の色、赤。「赤」を表す漢字はいくつかありますよね。赤、紅、朱、緋。どれも少しづつ違いますが、中でも人を厳かな気持ちにさせる赤は「朱」ではないでしょうか。そんな朱色の鳥居が立ち並ぶ「千本鳥居」は全国にたくさんありますが、やはり「伏見稲荷大社」は別格。1の鳥居から3の鳥居まで、すべて抜けるまで40分を要するハイキングに、冬場でもじんわりと汗がにじみます。

■伏見稲荷大社
・所在地:〒612-0882京都府京都市伏見区深草薮之内町68
・拝観時間: 24時間
・拝観料:なし
・お休み:なし
・電話番号:075-641-7331
・HP:http://inari.jp/
 

東藻琴芝桜公園

東藻琴芝桜公園
女の子なら思わずときめくピンクの景色はいかがですか?名前がちょっと読みにくい、こちら「東藻琴(ひがしもこと)芝桜公園」は北海道の東にある芝桜の名所で、毎年多くの観光客で賑わっています。おすすめはピンクの鳥居♡ピンクの絨毯に、ピンクの鳥居なんてキュートすぎです!
アクセスは飛行機がいいでしょう。道東エリアの玄関口、女満別空港から網走駅に行き、そこからタクシーまたはレンタカーで目指すことになります。芝桜が見頃の5月中旬から6月上旬は温泉宿とのパックツアーもあるので、気の合う友達と参加しても楽しいかも!

■東藻琴芝桜公園
・所在地:〒099-3232北海道網走郡大空町東藻琴末広393
・開園時間: 8:00~17:30
・定休日:無休
・電話番号:0152-66-3111(東藻琴芝桜公園管理公社)
・入園料:大人/500円、小人/250円
 

いなべ市梅林公園


宝石箱をひっくり返したかのような色とりどりの光景に「これが有名な吉野千本桜?」と思う方も多いかもしれませんが、こちらは三重県にある「いなべ市梅林公園」。毎年3月中旬に短歌のコンテストや鉢植えの即売会などが行われる梅まつりが催されています。
なんと総本数は水戸の偕楽園より多い4,500本!圧巻です!

■いなべ市梅林公園
・所在地:〒511-0501三重県いなべ市藤原町鼎3071
・開園時間:9:00~16:00
・定休日:無休
・電話番号:0594-46-8377(受付時間9:00~17:00)
・入園料:中学生以上/500円、小学生以下/無料(梅まつり・ぼたんまつりの時期)
 

東京タワー

東京タワー
最後はみんなに愛される東京タワー。東京タワーを見ると「がんばろう!」と元気になる気がするのは赤いからですかね?


空気の澄んだ冬のよく晴れた日、東京タワーの展望台から臨む東京一円が夕日には、染まる様子はきっと心が洗われる思いがすることでしょう。

■東京タワー
・所在地:〒105-0011東京都港区芝公園4-2-8
・営業時間:9:00~23:00(最終入場/22:30)
・定休日:無休
・電話番号:0279-88-2134
・大展望台利用料金:大人(高校生以上)/900円、子供(小・中学生)/500円、幼児(4歳以上)/400円 、4歳未満/無料
 ※特別展望台は2017年夏ごろまで工事のため、営業休止
・HP:https://www.tokyotower.co.jp/index.html
 

※情報は記事公開日時点のものになります。