• 17.01.20 更新
  • 1,458views

トリドリ編集部

寒い雪の日のお出かけも安心!おすすめスノーブーツと雪道の歩き方大公開!

寒い雪国に行くなら、スノーブーツが必需品!今回はタウンユースにも使えるシューズを2種類ご紹介します。そしてご存知ですか?実は履くだけではなく、歩き方もとっても大事なのです♡しっかり歩き方のコツを抑えて“雪国旅行マスター”になりましょう。

極寒の地、カナダ生まれの「SOREL」

SOREL スノーブーツ

Photo credit: OakleyOriginals via Visual Hunt / CC BY

梨花さんも愛用の「SOREL」は、足首部分にレザー、足先にラバーを採用した、防寒に抜群の性能を発揮してくれるおしゃれブーツ。履き口には、ボアが付いているので、寒い空気をシャットアウト!またインナーには着脱可能なフェルトライニングが付いているので、温度調節もラクラクに。タウンユースではインナーを外しておしゃれに着こなしましょう!スキニーデニムなどもインできる筒幅で、スタイルアップにも◎

SORELのスノーブーツを見てみる

スキーウェアでも人気「THE NORTH FACE」

mokoさん(@mokomokory)が投稿した写真


歩きまわる旅行に最適なのは軽さが自慢の「THE NORTH FACE」のヌプシブーティ。何と片足270g!南極観測隊でも使用されたこともあるんだとか。シューズの中綿にはダウンを使っているので、保温性にも優れています。登山やスノー用品を扱っているブランドですので、もちろん防水性もgood!履き口にはドローコードを採用しているので、キュッと締めれば雪が入ってくることもありませんね。サイズ展開も幅広く、洗練されたユニセックスなデザインなので、男女問わず多くの人に愛用されています。

ヌプシブーティスノーブーツを見てみる

どちらも靴裏の溝は自体しっかりしていますが、歩幅を縮め靴全体で歩くと滑りにくくなります。旅先ではワイワイ話しながら、足元も気にしながらゆっくり歩きましょうね!

※情報は記事公開日時点のものになります。