• 17/01/21
  • トリップ
  • 1,939views

トリドリ編集部

大人でも楽しめる!意外と知られていない関東の見学できる工場をご紹介!

ガリガリ君 イメージ

Photo credit: Dick Thomas Johnson via VisualHunt / CC BY

小学生の頃、ワクワクドキドキした工場見学。商品の製造過程を見学できるのは、とても楽しかったですよね。その気持ちは、大人になっても同じ!デートや遊びに工場見学を取り入れて、いつもとは違った楽しみ方をしてみませんか?

お菓子の詰め放題が大人気!桔梗屋/本社工場

Ayumiさん(@ayumi.n0216)が投稿した写真

山梨県を代表する「桔梗信玄餅」を製造する桔梗屋の本社工場では、無料で工場見学ができます。信玄餅は、ひとつひとつ手作業で包装紙に包まれており、信玄餅を素早く包んでいく作業員の手つきが見どころです。入場料が無料で、個人での見学の場合は、予約不要というお手軽さも人気の秘訣。また、お得な価格で挑戦できる「お菓子の詰め放題」も人気です。桔梗屋へ工場見学に訪れる大半の人が、お菓子の詰め放題目当てといっても過言ではないほど、お得な価格で挑戦できます。おいしいお菓子の製造過程を知れて、詰め放題にも挑戦できるのは、とても嬉しいですね。

■株式会社 桔梗屋
・住所: 山梨県笛吹市一宮町坪井1928
・営業時間: 8:00~17:00
・定休日:無休
・電話番号:0553-47-3700
・HP:http://www.kikyouya.co.jp/index.html
 

生活に身近な商品造りを学べる!ライオン/小田原工場

歯ブラシや洗剤など、生活に関わるものを製造する過程を見学できるライオンの小田原工場。予約さえすれば、無料で見学可能です。見学可能人数は、1組10名以上で、80名までの団体が工場を見学することができます。工場の見学に要する時間の目安は約90分で、スタッフの丁寧な説明を聞きながら、じっくりと工場を見学できるのも魅力。子どもの頃には、わからなかった生活用品のありがたみを感じながら見学してみてはいかがでしょうか。

■ライオン株式会社 小田原工場
・住所:神奈川県小田原市田島100
・営業時間:9:30~14:30(11:30~13:00を除く)
・定休日:土曜・日曜・祝祭日・工場非稼動日(年末・年始・5月・8月の連休)
工場休日翌日の午前中
月初めから3営業日と月末前の3営業日
※詳しくは工場へ直接お問い合わせください。
・電話番号:0465-47-4151
・HP:http://www.lion.co.jp/ja/
 

できたてが買える!かねふく/めんたいパーク

keikoさん(@su_isuik_chan)が投稿した写真

明太子のテーマパークとして、子どもから大人まで楽しめるかねふくのめんたいパーク。無料で見学できる明太子工場や、できたての明太子を購入できる直売店などがあります。明太子を使ったおにぎりやソフトクリームを食べられるフードコートもあるため、1日中楽しむことができるのが魅力です。

■めんたいパーク 大洗
・住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8255-3
・営業時間:9:00~16:30
※日曜・祝日の11:30~12:30は工場が一時ストップいたします。
・定休日:無休
・電話番号:029-219-4101
・HP:https://mentai-park.com/park/ooarai/
 

アイスで有名!赤城乳業/本庄千本さくら「5S」工場

kenji Kuboさん(@kubokken.jr)が投稿した写真

あの有名なアイスを製造する過程を見られるのは、赤城乳業の本庄千本さくら「5S」工場。入場料は無料で、赤城乳業の歴史や、アイスの歴史をスライドショーで学ぶことができます。その後、工場へ入り製品の製造過程を見ていく流れです。工場の中では、「ガリブルー」と呼ばれる工場のイメージカラーを身にまとった作業員の方たちが働いています。工場見学のあとは、「ガリガリ君広場」でアイスを試食することが可能。しかも、定められた時間内で、アイスが食べ放題の太っ腹なサービスです。アイスのほかにも、グッズや無料のクレーンゲーム機など、子どもから大人まで、楽しめる工場になっています。

■赤城乳業 本庄千本さくら「5S」工場
・住所:埼玉県本庄市児玉町児玉850-10
・電話番号:0120-60-6092
・営業時間:9:30、10:00、13:00、14:30、15:00から各90分
・定休日:土曜、日曜
・HP:http://www.akagi.com/
 

※情報は記事公開日時点のものになります。